« 政権を取れぬから好きなことを喋る | トップページ | ダブル選野党の意見など要らぬ »

日本の技術が光るジャポニウム

日本初、元素に命名権…理研の113番作製認定
 理化学研究所は31日、2004年から3回、合成に成功した原子番号113の元素について、化学者の国際組織「国際純正・応用化学連合(IUPAC)」が正式に理研チームを発見者と認定、命名権が与えられたと発表した。
 日本のチームが元素の発見者になるのは初めて。中学や高校の教科書などにも掲載されている元素の一覧「周期表」に、日本発の元素名とアルファベットの「元素記号」が載ることになる。
 元素の種類は、原子の中心の原子核を構成する陽子の数で決まり、陽子数が原子番号となる。理研仁科加速器研究センター(埼玉県和光市)の森田浩介グループディレクター(九州大教授)(58)らのチームは04年7月、原子番号30の亜鉛を加速器で秒速3万キロ・メートルに加速、原子番号83のビスマスに衝突させて合成し、113番元素の作製に成功した。05年と12年にも同じ方法で、113番元素を合成した(以上(読売新聞2015年12月31日22時14分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20151231-OYT1T50082.html

 原子番号113の元素の命名権が日本に与えられた。
 元素の周期律表の中に、日本が発見した元素名が載るのだから、これほど嬉しいことはない。それにしても、自分が習った時には103番のローレンシウムまでだったので、これから習う生徒は、120番目まで覚えなくてはならなくなってしまったようだが、それもまた科学の発展の賜物だ。唯一、日本の命名権に異を唱えているのは、隣国・韓国だけだが、何を以て反対と言っているのか分からない。これも「反日」の一環ぐらいだろう。何をやっても、自分たちは努力をせずに、他国を妬む民族性というのは、千年経っても変わらないだろう。
 名前の候補は「ジャポニウム」が大勢を占めるが、さて、理研はどのような名前を付けるだろうか?そして、韓国はどのような通名を付けるか楽しみだ。(No.4683)

|

« 政権を取れぬから好きなことを喋る | トップページ | ダブル選野党の意見など要らぬ »

「学問・資格」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62980632

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の技術が光るジャポニウム:

« 政権を取れぬから好きなことを喋る | トップページ | ダブル選野党の意見など要らぬ »