« のぞき見は罪ではないという朝日 | トップページ | 鳩山を見習い反省のない松野 »

証拠ならNHKにある翁長

宜野湾市長選あす投開票 過熱する集票活動 公選法違反で新人告発
 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の市長選が24日、投開票される。現職の佐喜真淳氏(51)=自民、公明推薦=と、新人の元県職員、志村恵一郎氏(63)の一騎打ちの構図で、選挙戦は過熱。21日には志村氏が、支援を受ける同県の翁長雄志(おなが・たけし)知事とともに公職選挙法で禁じられている戸別訪問をしていたと指摘する動画がインターネット上で拡散し、県内の民間選挙監視団体の男性が22日、同法違反の罪で志村、翁長両氏に対する告発状を県警に提出した。
 県警は産経新聞の取材に、告発状について「受理か不受理かを含めて答えられることはない」とし、告発状の扱いは当面、預かりにしたとみられる。
 志村氏選対の本部長代行を務める伊波洋一・元宜野湾市長は「街宣活動の途中に知り合いのところに顔を出すことはよくあり、違法なものではないと理解している」とコメントした。
 平成8年の普天間飛行場の返還合意から20年、同飛行場の移設問題で市民は二分されてきた。今回の市長選では佐喜真氏が名護市辺野古移設を否定していないのに対し、志村氏は辺野古移設に反対している。
 選挙戦は、佐喜真氏が自公両党支持層の大半の票を固め、企業にも浸透する一方、志村氏は支援を受ける社民、共産両党など革新勢力の支持層を固めている。勝敗のカギを握るのは有権者の半数を占めるとみられる無党派層だが、無党派層の支持は佐喜真、志村両氏に二分している。(以上(産経ニュース2016.1.23 07:55)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160123/plt1601230009-n1.html

 宜野湾市長選挙が行われているが、翁長雄志が推す新人と翁長が公職選挙法で禁止された戸別訪問をやっているシーンをNHKが放映している。
 警察としては、選挙の投票が終わらないと告発状をどうするか判断はできないだろうが、これで、公職選挙法違反に当たらないのならば、何をやっても遣り得となるだろう。翁長雄志を含めて、投票が終わったら身柄拘束をするべきだ。
 沖縄県警は、午後8時の投票終了を待って、捜査に入るべきだ。当然、NHKに画像の提供を受けなければやる気が無いことを示すのだ。(No.4705-2)

|

« のぞき見は罪ではないという朝日 | トップページ | 鳩山を見習い反省のない松野 »

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63112489

この記事へのトラックバック一覧です: 証拠ならNHKにある翁長:

« のぞき見は罪ではないという朝日 | トップページ | 鳩山を見習い反省のない松野 »