« 断ったスワップ蒸し返す虫の良さ | トップページ | 何しても維新の先は「焼け野原」 »

中国にすり寄って中国に嫌われる

中国、北核実験後に韓国との会談に応じず
 【ソウル=宮崎健雄】韓国国防省報道官は11日の記者会見で、北朝鮮の4度目の核実験後、中韓国防省間のホットラインを通じた閣僚会談に、中国側が応じていないことを明らかにした。
 対北制裁を巡っても中韓で温度差が浮き彫りとなり、朴槿恵パククネ政権の中国重視政策に見直しを求める声も出てきた。
 ホットラインは昨年末に設置された。中韓は2014年の首脳会談で「朝鮮半島安全保障で緊密な連携をとる」(韓国国防省)ことを決めたが、報道官は同日、閣僚会談について「(返事を)待っている」と述べた。朴大統領は日米のほか、中国首脳とも電話会談を求めたが、中国は「応じない」(中韓外交筋)状況という。
 8日の外相電話会談では、韓国側が「断固制裁」を求めたのに対し、中国側は「対話」を強調した。(以上(読売新聞2016年01月11日23時21分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160111-OYT1T50099.html

 これまで、米中の二股外交を展開してきた朴槿恵だが、北朝鮮の核実験以来、ホットラインでも無視をされている。
 これまで、朴槿恵の糞ババア政権は、アメリカと中国の二股外交を展開し、アメリカよりも中国を重視する外交を展開してきた。しかし、今回の北朝鮮核実験を巡って、温度差が浮き彫りとなったようだ。それはなぜかと考えれば、中国としては、朝鮮半島は属国であり、対等に話をしようなどと言う態度自体が気に入らないのだ。中国様の気分を察して中国様の思い通りに動くのが属国だ。今回は、北朝鮮すら中国に核実験の事前通達をやっていなかったのだから、そのとばっちりが韓国に向いても仕方のない話だ。そもそも、朝鮮戦争時には、戦闘を交えた中国を歴史ファンタジーでうやむやにして、日本が攻めてきたなどと嘘の歴史を教えているから、このようなことになるのだ。
 韓国がどっちを向いていても構わないが、日本には関わって欲しくない。(No.4693-2)

|

« 断ったスワップ蒸し返す虫の良さ | トップページ | 何しても維新の先は「焼け野原」 »

中国」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63053413

この記事へのトラックバック一覧です: 中国にすり寄って中国に嫌われる:

« 断ったスワップ蒸し返す虫の良さ | トップページ | 何しても維新の先は「焼け野原」 »