« 濡れ手に粟の産廃の横流し | トップページ | 民主党質疑のネタは週刊誌 »

民主党忘れることに枚挙ない

接戦の宜野湾市長選、進次郎氏が現職を応援、民主は新人支持
 自民党の小泉進次郎農林部会長は20日、沖縄県宜野湾市長選(24日投開票)で自民、公明両党が推薦する現職候補の応援に駆けつけた。同市内にある米軍普天間飛行場の固定化を避けるため「20年間止まった歯車を前に回そう」と訴えた。
 名護市辺野古への移設反対を公約に掲げる新人候補との一騎打ちは横一線とされ、自民党は最終盤に向けて「頭一つ抜け出したい」(党幹部)として知名度抜群の小泉氏を投入。応援演説では地元名産の「田芋」を引き合いに「農林部会長として農業振興も頑張る」と語り、笑いを誘った。
 一方、民主党の枝野幸男幹事長は20日の記者会見で移設反対派の新人候補への支持を表明。「県民にさらなる負担をかける安倍晋三政権に対し声を上げる新人候補に期待している」と述べた。(以上(産経ニュース2016.1.20 22:00更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/160120/plt1601200041-n1.html

 自民党が宜野湾市長選挙の現職応援に小泉進次郞議員を応援に送ったが、民主党は移設反対派の新人を推すそうだ。
 すべての歯車を狂わせたのは、生きた国賊・鳩山由紀夫であり民主三バカ政権だ。それを忘れて、民主党は今度は辺野古移転反対なのか?さすが何でも反対党だ。民主党には節操という文字がないのだ。民主党が国民を騙して政権を奪取しなければこのような騒ぎは終わっているのだ。
 民主党は既に終わっているのだから、悪い頭で政治に一切口を出さないで欲しい。(No.4702-2)

|

« 濡れ手に粟の産廃の横流し | トップページ | 民主党質疑のネタは週刊誌 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63097953

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党忘れることに枚挙ない:

« 濡れ手に粟の産廃の横流し | トップページ | 民主党質疑のネタは週刊誌 »