« 何をやっても沖縄の二枚舌 | トップページ | 民主党忘れることに枚挙ない »

濡れ手に粟の産廃の横流し

ローソン、イオン、マルコメ…大手の廃棄食品、次々入手=岐阜の仲介業者「一部売却」 壱番屋(愛知県一宮市)の廃棄カツが横流しされた事件にからみ、転売を仲介した製麺業「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)がローソン、イオン、マルコメ(長野市)など他の大手企業の食品も保管していたことが20日、分かった。廃棄先の産業廃棄物処理会社「ダイコー」(愛知県稲沢市)から入手したとみられ、みのりフーズの実質経営者(78)は「一部は売った」と説明。岐阜県が調査を急いでいる。
 ローソンの取引先には、コンビニ店で調理する冷凍の「炭火焼鳥 もも塩」と「からあげクン」がみのりフーズで見つかったと、保健所から連絡があった。焼き鳥は社内調査で、賞味期限が2015年5、6月だった約2万9000本を廃棄した際、一部の処理がダイコーに委託されたと確認した。
 みそ製造最大手のマルコメにも、岐阜県から連絡が入った。ダイコーには14年3月~15年7月、みそなど約144トンの廃棄を委託し、「みそは全て堆肥にした」と報告を受けていたという。
 岐阜県は20日、イオンが販売する「チーズのでるソーセージ」「たけのこ土佐煮」、ニチレイフーズ(東京都中央区)製のフライドポテトや「今川焼」なども保管されていたと発表。13年以降にダイコーが廃棄を引き受けた食品だった。
 他に、日本生活協同組合連合会(東京都渋谷区)やセブン&アイ・ホールディングスの食品も、みのりフーズから見つかったことが既に判明している。
 みのりフーズの実質経営者は取材に対し、「廃棄品とは考えずにダイコーからもらっていた。壱番屋のカツの他に焼き鳥、みそも売ったことがある」と話した。(以上(時事ドットコム2016/01/20-20:53)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2016012000879

 産廃業者が産廃として受けとった廃棄食品を製麺業のみのりフーズが売っていた事件で、コンビニやスーパーの産廃も売っていたことが分かった。
 みのりフーズから買った店も、製麺業のみのりフーズがカツなどを売ることに疑問を呈さなかったのか疑問だ。それ以上に、これほど大騒動になっていながら、河野太郎のバカが大臣をやっている消費者庁が何もしないというのはどういうことだろうか?何もしない消費者庁ならば、徳島に移転させる必要もないし、河野太郎のバカに大臣手当を与えて大臣に据えている必要もない。まして、河野太郎のバカは、この件に関して記者会見すら開いていない。仕事をしないバカを黙らせるために大臣に据えると言うバカなことを安倍総理はやったものだ。
 このような事件が起こった背景には、消費者庁が不要だという事実だけで、徳島に移転させずに日本からなくするべきだ。(No.4702)

|

« 何をやっても沖縄の二枚舌 | トップページ | 民主党忘れることに枚挙ない »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

河野太郎」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/63097491

この記事へのトラックバック一覧です: 濡れ手に粟の産廃の横流し:

« 何をやっても沖縄の二枚舌 | トップページ | 民主党忘れることに枚挙ない »