« 自然などどうでも良いと言う二階 | トップページ | 出来試合だった五輪のエンブレム »

NHK世論誘導また始め

前支局長無罪判決 慰安婦問題歩み寄りにつながるか
 産経新聞の前ソウル支局長に韓国の裁判所が無罪判決を言い渡したことについて、政府内からは、判決を評価し、日韓関係の進展に期待する声が出ており、今後、いわゆる従軍慰安婦の問題で妥結に向けた両政府の歩み寄りにつながるか注目されます。
 韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領の名誉を傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の前ソウル支局長に対し、韓国の裁判所は17日、「大統領をひぼうする目的は無かった」などとして無罪判決を言い渡しました。
 これを受けて、安倍総理大臣が「無罪判決が出たことを評価する。日韓関係に前向きな影響が出てくることを期待する」と述べるなど、政府内からは、判決は日本側の意向に沿ったもので評価できるとして、今後の日韓関係の進展に期待する声が出ています。
 ただ、今回の判決が、両国の間で最大の懸案となっている、いわゆる従軍慰安婦の問題を巡る協議に与える影響については、外務省幹部が「無罪判決は当然であり、慰安婦問題で日本側がこれまでの主張を変えることはない」と述べるなど、政府は、日本側の姿勢に変化はないとしています。そのうえで、政府は、今回の判決を受けて、慰安婦問題を巡る韓国側の主張に変化があるか見極めたいとしており、妥結に向けた両政府の歩み寄りにつながるか注目されます。(以上(NHKNEWSWEB12月18日 5時01分)より引用)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151218/k10010344721000.html

 産経新聞元支局長の無罪判決を受けて、NHKは自称慰安婦問題を絡め「妥結に向けた両政府の歩み寄り」などと放送した。
 産経新聞元支局長の裁判と自称慰安婦問題は全く別物であり、それを一緒にして放送するNHKの体質は、公共放送と言うよりも、南朝鮮の公共放送と称するべきだろう。もし、日本が自称慰安婦で南朝鮮に譲歩することがあったとすれば、これまでの日韓基本条約締結からの南朝鮮外交が全て崩れるという認識が無いのだろうか?これだけ、NHKの中に朝鮮人が入り込んで、世論誘導をしているとしか考えられない。NHK会長もNHK内に在日が何人所属しているかすら公表していないのに、それで、公共放送だと受信料を強制徴収すると言うのはおかしいのだ。
 天災以外役に立たないNHKは、解体・除鮮した上で国営放送とするべきだ。(No.4671)

|

« 自然などどうでも良いと言う二階 | トップページ | 出来試合だった五輪のエンブレム »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62897384

この記事へのトラックバック一覧です: NHK世論誘導また始め:

« 自然などどうでも良いと言う二階 | トップページ | 出来試合だった五輪のエンブレム »