« 本末転倒警察に盗聴器 | トップページ | 沖縄も手を持て余す反対派 »

靖国のリベンジにやって来たテロリスト

逮捕時、爆発物の材料所持 韓国人容疑者「靖国は失敗、もう1回やろうと」
 靖国神社(東京都千代田区)で爆発音がして不審物が発見された事件で、建造物侵入容疑で逮捕された韓国人、全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)が9日の再来日の際、爆発物の材料となる火薬のようなものなどを所持していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。「(11月23日の)靖国神社は失敗。もう1回やろうと思った」との趣旨の供述をしていたことも判明。警視庁公安部は爆発物を仕掛けるため再入国した可能性が高いとみて慎重に調べる。
 全容疑者は今月9日午前10時ごろ、韓国から羽田空港に入国。到着を把握して駆けつけた捜査員に身柄を確保された。その際、火薬のようなものや、タイマーのようなものなどを所持していたという。
 全容疑者は靖国神社に不法侵入した疑いで逮捕されたが、当初は「よく分からない」と容疑を否認。再来日の理由を「日本の記者から質問を受けて、靖国神社のトイレを確認しに来た」と供述した。
 だが、同日中の調べで、「23日に靖国神社に入り爆発物を仕掛けた」「靖国神社は失敗で、もう1回やろうと思った」などと、供述を変えたという。10日になり、再度否認に転じた。
 全容疑者は再来日時には既に帰国便のチケットを確保しており、日帰りの予定だったもようだ。
 また、これまでの公安部の調べで、現場のトイレで見つかった遺留物と、全容疑者が宿泊したホテルにあった別の遺留品からそれぞれ検出されたDNA型が一致したことが判明。全容疑者が双方の場所にいたことを裏付ける証拠になるとみて調べている。
 韓国では、歴史問題や靖国神社をめぐって過激な抗議を行う団体があるが、全容疑者はこうした団体への所属歴はなく、犯罪の前歴も確認されていないという。(以上(産経ニュース2015.12.11 06:00)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/151211/afr1512110002-n1.html

 靖国神社爆破テロ事件の実行犯が、日本に再入国した理由は、爆破に失敗したから再度犯行を行うために再入国したことが分かった。
 日本の警察も舐められたものだが、それよりも、恐ろしいことは、犯人が火薬やタイマーを所持して、南朝鮮から日本に入国したことだ。要するに、南朝鮮の出国時の手荷物検査がいい加減で、これらの物を感知できなかったということだ。今回は、靖国神社を狙ったテロだが、航空機内で爆発物を爆破することも可能なのだから、南朝鮮発の航空機に乗らないことが、身を守る唯一の方法だと思う。その内、ISILに爆弾を仕掛けられることも十分にありうる。
 警視庁は、全容疑者の単独犯だとしているが、何時南朝鮮からテロリスト集団が日本に来るかも知れない。南朝鮮からの入国者には、出国時の手荷物検査並みの入国検査を義務付けるべきだ。(No.4663-2)

|

« 本末転倒警察に盗聴器 | トップページ | 沖縄も手を持て余す反対派 »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

警察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62848426

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国のリベンジにやって来たテロリスト:

« 本末転倒警察に盗聴器 | トップページ | 沖縄も手を持て余す反対派 »