« 否認でも保釈するから舐められる | トップページ | 沖縄は属国ですと言う翁長 »

優しさにあふれる辺野古の機動隊

辺野古 抗議の男性けが 機動隊の頭ぶつかる
 【辺野古問題取材班】名護市辺野古への移設に伴う新基地建設で7日、米軍キャンプ・シュワブ前で抗議中の男性(36)の左目下に機動隊の頭がぶつかり、出血した。男性は頭のふらつきを訴えたため、救急車で搬送され、4針縫った。
 移設に反対する市民ら約100人は同日、米軍キャンプ・シュワブの旧ゲート前に座り込んだが機動隊約150人により力ずくで排除された。その際に、割栗石(わりぐりいし)を積んだダンプやクレーン車、コンクリート資材を積んだトレーラーなど工事関係車両20数台が基地内に入った。
 大浦湾の浜では作業員が重機の周辺に集まる姿が確認された。【琉球新報電子版】(以上(琉球新報2015年12月7日 11:51)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-184324.html

 キャンプシュワブ前で、基地移設工事の邪魔をしていた市民活動家が怪我をしたが、公務執行妨害で逮捕されることはなかった。
 悪意あふれる琉球新報では、見出しに「機動隊の頭ぶつかる」とあたかも機動隊が悪いかのような記事をシャアシャアと書いているが、実際は、公務を邪魔して怪我をしただけの話だ。機動隊も、公務執行妨害でなぜ逮捕しなかったのか不思議だ。機動隊に当たったと言うことは、機動隊の静止を振り切っていたのだから、自業自得だ。死んでいれば、辺野古移転阻止のヒーローになっていたかも知れない。
 機動隊も早く東京に帰りたければ、サッサと反対派自称市民を全員逮捕してしまえば済む話だ。(No.4660)

|

« 否認でも保釈するから舐められる | トップページ | 沖縄は属国ですと言う翁長 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62829406

この記事へのトラックバック一覧です: 優しさにあふれる辺野古の機動隊:

« 否認でも保釈するから舐められる | トップページ | 沖縄は属国ですと言う翁長 »