« NHKを増殖させる受信料 | トップページ | 辻元を応援してる自民党 »

公安を舐めて戻ったテロリスト

靖国神社爆発音、韓国人の男を逮捕 建造物侵入の疑い
 東京・靖国神社の公衆トイレで11月、爆発音がして不審物が見つかった事件に絡み、警視庁は9日、神社内に参拝などの目的外で侵入したとして、韓国人で住所・職業不詳の全(チョン)昶漢(チャンハン)容疑者(27)を建造物侵入の疑いで逮捕し、発表した。「よくわからない」と容疑を否認しているという。警視庁は、トイレに残された不審物との関連も調べる。
 全容疑者は事件のあった11月23日午後に韓国に帰国していたが、12月9日午前10時ごろ、韓国から羽田空港に再入国したことが分かり、警視庁が任意同行を求めたところ応じたという。
 公安部によると、全容疑者は11月22日午前11時ごろ~23日午前10時ごろの間に複数回、東京都千代田区九段北3丁目の靖国神社に、参拝などの正当な理由がないのに侵入した疑いがある。神社内の複数の防犯カメラの映像などから特定した。
 捜査関係者によると、防犯カメラの映像などから、千代田区内のホテルに宿泊していた全容疑者を特定した。ホテルには実名で宿泊していた。出入国記録では、事件2日前の21日に入国、事件当日の23日に帰国していた。(以上(朝日新聞2015年12月9日13時33分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASHD93RSWHD9UTIL00C.html

 靖国神社爆破テロの実行犯と目される輩が、のこのこの南朝鮮から日本に入国しようとして、警視庁に任意同行を求められた。
 テロリストは日本の警察を舐めていたようだが、これで、南朝鮮に身柄引き渡しなど面倒くさい手続き無しに、日本で徹底的に取り調べができるようになった。当然、背後関係も洗って、民団や総連との関係性が出たならば、民団や総連の本部を家宅捜索するべきだ。それにしても、朝日新聞が朝鮮人の実名報道に踏み切ったことは、評価できる。
 今は建造物侵入の疑いだが、警視庁は爆破テロとして捜査をし、民団や総連との関連も視野に入れて、テロ組織の全容を明らかにするべきだ。(No.4661-2)

|

« NHKを増殖させる受信料 | トップページ | 辻元を応援してる自民党 »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62837117

この記事へのトラックバック一覧です: 公安を舐めて戻ったテロリスト:

« NHKを増殖させる受信料 | トップページ | 辻元を応援してる自民党 »