« 韓国の尻拭いなどもうご免 | トップページ | マイナンバー自称市民をあぶり出す »

税金はみんなで分けたボクの党

みんなの党、解党直前に交付金4億円余を支部に
 みんなの党が昨年11月の解党直前、税金が原資の政党交付金から約4億6800万円を29支部に支出し、各支部の物品購入や議員個人の政治団体への寄付に充てられたことが、政治資金収支報告書などでわかった。
 同党は解党後に残った8億円以上の交付金を国に返還しているが、識者は「駆け込み的な支出は、返還額を減らすためとみられても仕方ない」と指摘している。
 パソコン8台で約140万円、空気清浄機2台で約14万円……。松田公太参院議員(東京)が代表だった同党の参議院東京都第2支部は、解党が決まった昨年11月19日からの10日間で、政党交付金から少なくとも約463万円を「備品・消耗品費」に充てた。
 政党交付金の使途は、政党助成法で「国民の信頼にもとることのないように、適切に使用しなければならない」と定められている。購入品がどう利用されているか読売新聞が質問したところ、松田氏の事務所は「法律にのっとり適正に処理しており、問題ない」とだけコメントした。(以上(読売新聞2015年12月21日07時21分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151220-OYT1T50114.html

 みんなの党が解党直前に、政党交付金を党内にばらまいたことが明らかになった。
 駆け込み支出というのは明白で、解党する政党にパソコンや空気清浄機などの備品・消耗品費を使う必要があるはずがない。備品・消耗費の463万円など大したことではない。
 それ以上に、所属議員に政党交付金をばらまいているのだから、全額国庫に返還させるべきだ。返還できないのならば渡辺喜美が全額返還するべきだ。(No.4673)

|

« 韓国の尻拭いなどもうご免 | トップページ | マイナンバー自称市民をあぶり出す »

みんなの党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62910133

この記事へのトラックバック一覧です: 税金はみんなで分けたボクの党:

« 韓国の尻拭いなどもうご免 | トップページ | マイナンバー自称市民をあぶり出す »