« 沖縄も手を持て余す反対派 | トップページ | 堂々と火薬持ち込むテロリスト »

座り込み旅行会社が煽ってる

辺野古抗議ツアー、旅行会社が募る 日程に「ゲート前で座り込み」「漁船で海上活動」記載 観光庁、都内業者を指導
 東京都内の旅行会社が「オール沖縄支援ツアー」と銘打ち、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に対する抗議活動に参加する旅行の参加者を募集していたことが11日、分かった。違法行為の斡旋(あっせん)などを禁じる旅行業法(禁止行為)に抵触する可能性があり、観光庁が旅行会社から事情を聴いた上で口頭で指導した。
 問題の旅行会社は、東京都新宿区にある「富士国際旅行社」。昭和39年に設立され、観光庁に旅行業者として登録。国内・海外旅行の主催や手配を手がける。
 同社のホームページ(HP)によると、「オール沖縄支援ツアー 3日間」は空路で羽田-沖縄間を往復して本島内で2泊する。2日目の日程には、名護市内で「漁船をチャーターし、海上から新基地建設予定地で抗議活動」「キャンプシュワブゲート前で座り込みに参加」と記載。出発日は10月10日、11月2日、12月26日、来年1月17日に設定され、定員は45人、旅行代金は時期により8万2000円~9万9000円だった。
 HPではこのほか、「都教組沖縄視察交流団 沖縄本島と慶良間諸島めぐり 4日間」「第26回歴教協沖縄見学旅行 島ぐるみ闘争の歴史をたどる旅」も募集。いずれも「キャンプシュワブゲート前で座り込み」が旅程に入っていた。
 沖縄県警などによると、米軍キャンプ・シュワブ沖の立ち入り禁止区域内の抗議活動は刑事特別法に、ゲート前での座り込みは道路交通法に抵触する可能性がある。旅行業法では、違法行為を旅行者に斡旋したり便宜供与したりすることを禁止し、その広告も禁じている。違反には18日間の業務停止が科されることがある。
 同社は産経新聞の取材に対し、「ツアーは実施しているが、座り込みはさせていないし、漁船で遠くから見るだけ。違法行為はしていないが、誤解を招く表現だった」と話し、ツアーをHPから削除した。
 一般社団法人「日本旅行業協会」によると、こうしたケースは異例といい、「法令違反であれば、遺憾だ。事実関係を把握したい」とコメントした。(以上(産経ニュース2015.12.12 07:18更新)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/151212/afr1512120008-n1.html

 東京の旅行会社が「オール沖縄支援ツアー」と銘打って、辺野古先での移転反対活動への参加者を募っていたことが分かった。
 ツアーには、海上から基地移設先で抗議行動、シュワブゲート前での座り込みと記載しており、違法行為を斡旋していたと言って良かろう。さらに、都教組と組んで「都教組沖縄視察交流団 沖縄本島と慶良間諸島めぐり 4日間」などのツアーも企画していたが、都教組が政治活動に従事したということだから、このツアー会社もだが、都教組の事務所も家宅捜索を行って事件の全容を明らかにする必要がある。
 これらのツアーは、既に2回行われているが、参加者の有無については何も報じていない。参加者があれば身元を洗う必要がある。(No.4664-2)

|

« 沖縄も手を持て余す反対派 | トップページ | 堂々と火薬持ち込むテロリスト »

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62854849

この記事へのトラックバック一覧です: 座り込み旅行会社が煽ってる:

« 沖縄も手を持て余す反対派 | トップページ | 堂々と火薬持ち込むテロリスト »