« マイナンバー自称市民をあぶり出す | トップページ | JSCビルが競技場より気に掛かる »

今年の工事終わっただけで大騒ぎ

「警視庁機動隊は帰任」報告に沸く 辺野古、掘削調査は継続か
 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設計画で21日午前、建設に反対する市民ら100人余りが名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前に座り込み、抗議の声を上げた。参加した県統一連の中村司代表幹事は「警視庁の機動隊が帰り、年内は警備をしないとの情報が入った」と報告し、市民らは歌を歌いながら「ラインダンス」を踊り、喜びに沸いた。
 山城博治沖縄平和運動センター議長は「機動隊を追い返した。県民にとって勇気の出る出来事だ」と市民らを激励した。午前中は工事関係車両の基地内への搬入などは確認されていない。
 一方、海上では1基のスパット台船からボーリング(掘削)調査をする様子が確認された。市民らはカヌー14艇と抗議船4船で抗議活動を展開した。(以上(【琉球新報電子版】2015年12月21日12:27)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-192098.html

 警視庁機動隊が、年内はキャンプ・シュワブの警備をしないというので、沖縄の左巻きが小躍りしたそうだ。
 単に、工事が正月休みに入るから帰還しただけで、山城博治がほざくように「機動隊を追い返した」など都合の良い解釈に過ぎない。しかし、現場の噂話だけで、裏付け取材もせずに記事を書く琉球新報は新聞社と言えるのだろうか?(No.4674)

|

« マイナンバー自称市民をあぶり出す | トップページ | JSCビルが競技場より気に掛かる »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62916172

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の工事終わっただけで大騒ぎ:

« マイナンバー自称市民をあぶり出す | トップページ | JSCビルが競技場より気に掛かる »