« 解決済みだから一銭も支払うな | トップページ | 何しても悪意に善意通じない »

慰安婦で厚顔無恥という朝日

「誤報と慰安婦像設置に因果関係ないとの朝日の主張は驚き」と原告団 慰安婦報道謝罪広告請求訴訟第2回口頭弁論
 慰安婦をめぐる朝日新聞の報道が原因で誤った国際世論が形成され、屈辱を受けたとして、米カリフォルニア州グレンデール市近隣に住む日本人49人と日本国内の大学教授ら約2100人が、朝日新聞社に主要米紙などへの謝罪広告掲載と損害賠償を求めた訴訟の第2回口頭弁論が24日、東京地裁(佐久間健吉裁判長)で開かれた。
 原告側は「朝日新聞の誤報とグレンデール市内の意慰安婦像設置などに因果関係はなく、慰安婦とされる女性の組織的な強制連行が行われたなどとは報道していないとする朝日新聞側の主張は驚きだ」と指摘。さらに「朝日新聞の報道のせいで日本人や日系人は『歴史に向き合おうとしない卑怯(ひきょう)な国民』と理不尽な差別を受けている」と主張した。
 訴状によると、原告側は「慰安婦を強制連行した」とする吉田清治氏の証言に基づいた記事や慰安婦と挺身隊を混同した記事など52本が問題だと指摘している。「誤報を長年放置した結果、慰安婦問題に関する誤った事実と見解が真実として世界に広まり、日本人の尊厳を傷つけて国際社会における客観的評価を下げた」と主張。さらに、在米邦人は2013(平成25)年にグレンデール市に慰安婦像が設置された結果、嫌がらせを受けるなどしたとしている。(以上(産経ニュース2015.12.24 15:38更新)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/151224/afr1512240011-n1.html

 朝日新聞の慰安婦誤報に対する訴訟で、朝日は誤報と慰安婦増設置等に因果関係はないという厚顔無恥な主張を繰り返している。
 まるで、歩く国賊・菅直人と同じような主張と言っても良かろう。如何に、自社を正当化するかに腐心しているようだが、それを判断するのは読者だという感覚が朝日新聞には欠如している。それゆえに、朝日新聞の販売店は苦労していると契約取りのおじさんから聞いたが、朝日新聞本社は、末端の苦労など屁とも思っていないようだ。
 朝日新聞は、日本で謝罪記事を出したように、英語版でも出せば良かっただけができないのだから、それなりの罰が必要だろう。(No.4676-3)

|

« 解決済みだから一銭も支払うな | トップページ | 何しても悪意に善意通じない »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62930569

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦で厚顔無恥という朝日:

« 解決済みだから一銭も支払うな | トップページ | 何しても悪意に善意通じない »