« 母屋取って古巣に戻るのは松野 | トップページ | 靖国のリベンジにやって来たテロリスト »

本末転倒警察に盗聴器

警察署内に盗聴器=電源タップから発信-愛知県警
 愛知県警北署(名古屋市)で、電源タップに盗聴器が仕掛けられていたことが10日、分かった。庁舎外に発信されていた電波を感知した民間業者が今月通報し、発見された。県警は何者かが意図的に設置した可能性もあるとみて調査するとともに、全署に点検を指示した。
 県警によると、業者から「不審な電波が署から出ている」との指摘があり、警察官の執務室で使用していた電源タップの中から盗聴器が一つ発見された。通常は一般市民が出入りしない部屋で、タップがいつ使われ始めたかは分かっていない。(以上(時事ドットコム2015/12/10-10:20)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2015121000270

 愛知県警北署に盗聴器が仕掛けられていると業者から指摘があり、調べてみると一般市民の出入りのしない部屋に盗聴器が仕掛けられていた。
 知らせた業者も、細かな会話の内容を喋ると電波法違反になるから、このような言い方になったのだろうが、受信機があれば、警察の中で何が話されているか筒抜けになっていたのだ。捜査のための盗聴が認められるようになったが、まさか、警察署の中でという、危機意識の欠如は情けないものがあるし、それに気づかないと言うのも、間抜け以外の何物でもない。
 愛知県警では、全署に盗聴器の確認の指示を出したそうだが、間抜けな警察庁が全国の警察に出すのが本来の仕事ではないか。(No.4663)

|

« 母屋取って古巣に戻るのは松野 | トップページ | 靖国のリベンジにやって来たテロリスト »

公務員」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

警察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62847671

この記事へのトラックバック一覧です: 本末転倒警察に盗聴器:

« 母屋取って古巣に戻るのは松野 | トップページ | 靖国のリベンジにやって来たテロリスト »