« 素顔ではデモもできないのがコリア | トップページ | 市議並みのレベル維新の代表選 »

全く検討されぬ増税の先送り

GDP改定値「たぶんゼロ%になる」 甘利担当相が異例の見通し示す
 甘利明経済再生担当相は6日出演したNHKの討論番組で、8日に発表される7~9月期の実質国内総生産(GDP)改定値が「たぶんゼロ(%)になる」と述べ、11月発表された速報値の前期比年率0・8%減から上方修正されるとの見方を示した。経済閣僚が主管の経済指標の水準を事前に明かすのは極めて異例。
 1日発表された7~9月期の法人企業統計で、金融機関を除く全産業の設備投資が前年同期比11・2%増と大きく伸びたことを踏まえた。
 10~12月期については、「プラスになる」との見通しを示し、「景気は順調に回復している路線上にある」と話した。(以上(産経ニュース2015.12.6 12:57)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/151206/plt1512060015-n1.html

 甘利経済破壊担当大臣が、シャアシャアとGDPがゼロになるとほざいたそうだ。
 それならば、景気回復が進んでいないと言うことだから、消費税増税を先送りする話が出てきて良いと思うが、自民党と創価学会・公明党との話は、低減税率だけで、景気など全く考慮に入れていないバカな議論が続いている。補正予算で、3万円低所得者にバラマキをすれば、景気が良くなりGDPが回復するとでも考えているのだろうか?甘利にバカな考え方が政府を支配しているとしか思えない。余程か、政府の政治屋はバカで、財務官僚に洗脳されているのだろうか?増税の先に、景気回復はないというのは、消費税増税をする度に経験してきたことではないか!4度目の正直をやれば、安倍政権など簡単にぶっ飛んでしまうだろう。その後、政権を担える党があるかどうか考えれば、細川内閣の二の舞になることは歴然としている。それも、安倍総理は分からずに甘利に経済を任せているのだろうか?まあ、マンガ脳の麻生太郎は、安倍総理が転けたら自分の政権になるぐらいしか頭の中に無いことは自明なことだ。官僚にふりがなを振って貰わなければ、漢字が読めない馬鹿たれだからね。
 このまま、消費増税を行えば、野田豚の目論んだ消費増税と同じになる。折角、税収も伸びたのだから、増税先送りを表明する以外に方法はない。

|

« 素顔ではデモもできないのがコリア | トップページ | 市議並みのレベル維新の代表選 »

公務員」カテゴリの記事

公明党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62818910

この記事へのトラックバック一覧です: 全く検討されぬ増税の先送り:

« 素顔ではデモもできないのがコリア | トップページ | 市議並みのレベル維新の代表選 »