« 有権者維新・民主に期待せず | トップページ | 「オール沖縄」と叫んでいる一部 »

オスプレイ墜ちた墜ちたと報道す

オスプレイ着艦失敗 米加州沖 普天間にも飛来ミラマー基地所属
 【ワシントン=問山栄恵本紙特派員】米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが、米西部カリフォルニア州南部の海兵隊基地キャンプ・ペンドルトン沖で現地時間の9日午後5時ごろ、輸送揚陸艦「ニューオーリンズ」への着艦に失敗していたことが13日分かった。海兵隊が明らかにした。死傷者はいないという。
 事故機はカリフォルニア州ミラマー基地所属の第13海兵遠征部隊第166海兵中型ティルトローター飛行隊(VMM166)のオスプレイ。操縦士を含め計26人が搭乗していた。
 米メディアの報道などによると、非戦闘員の退避を想定した訓練中に事故を起こした。事故機の所属部隊は、2016年から中東やアジア太平洋地域に展開することになっている。
 第13海兵遠征部隊は米メディアに対し「いわゆるハードランディング(激しい衝撃を伴う着陸)と結論付けるのは時期尚早だ」と述べ、事故原因を調査するとしている。
 オスプレイは5月、ハワイ州のベローズ空軍基地での訓練中に墜落し、2人が死亡した事故を起こしてる。今回、事故を起こしたミラマー基地所属のオスプレイは3月、4月、8月に米軍普天間飛行場に飛来している。(以上(【琉球新報電子版】2015年12月14日 10:59)より引用)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-188165.html

 米海兵隊のオスプレイが、訓練中に着艦失敗したことを琉球新報はこれ見よがしに記事に書いている。
 オスプレイは、軍用であり、通常の飛行だけでなく、作戦に使うという違う側面があるのだが、全てをひっくるめて「墜ちた墜ちた」と騒ぐマスゴミの左巻きは如何なものだろうか?今回の着艦に失敗した機体が、普天間飛行場に飛来していることも紹介しているが、サッサと辺野古先に移設すれば、普天間の危険が無くなるという論調は決して琉球新報が出すことはない。普天間基地については、政府が悪い、政府が考えることだとして逃げているだけではないか。
 オスプレイの事故では、墜ちたことを強調するが、マスゴミの報道ヘリの方が墜落確率が高いことは、どこのマスゴミも触れない。(No.4666-3)

|

« 有権者維新・民主に期待せず | トップページ | 「オール沖縄」と叫んでいる一部 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62868437

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ墜ちた墜ちたと報道す:

« 有権者維新・民主に期待せず | トップページ | 「オール沖縄」と叫んでいる一部 »