« 警視庁鳩山守る暇はある | トップページ | 社民落選は党首か福島か »

菅の妄言も却下する司法

原発事故メルマガ訴訟、菅元首相が控訴へ 安倍首相勝訴
 菅直人元首相が、東京電力福島第一原発事故時の対応を批判した安倍晋三首相のメールマガジンの記述で名誉を傷つけられたと訴えた裁判で、東京地裁は3日、菅氏の損害賠償などの請求を退けた。「菅氏が止めた」と記述された原子炉への海水注入について、判決は「菅氏には注入を中断させかねない振る舞いがあった」と指摘。「記述は重要な部分で真実だ」と述べた。菅氏は控訴する方針。
 判決によると、安倍首相は野党当時の2011年5月20日付のメルマガで、原子炉を冷やすための海水注入について「やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったのです」などと書いた。
 判決は、海水注入をめぐる官邸での会議について、国会の事故調査委員会が「総理の発言を契機に海水注入の議論が仕切り直しになり、東電本店が注入停止を決断するに至った」と指摘した点を引用。「記述は重要な部分で真実」と判断する根拠とした。
 海水注入は、実際には中断されなかったことが、後の東電の発表で明らかになっている。
 判決後、菅氏は東京都内で会見。判決について「海水注入は中断していないと認めているのに、『中断した』との記述を真実だとするのは論理矛盾だ。とても納得できるものではない」と批判した。
 安倍首相は事務所を通じ、「官邸における原発事故問題の本質を真正面から認めていただいた。真実の勝利ではないかと思います」との談話を出した。(千葉雄高)(以上(朝日新聞2015年12月4日07時33分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASHD35QF2HD3UTIL02T.html

 歩く国賊・菅直人が安倍総理を名誉毀損で訴えた裁判で、菅直人の悪行三昧が裁判所で認められ請求が却下された。
 福島第一原発菅災時に、歩く国賊・菅直人が海水注入に対して、東電幹部(黒川フェロー)に圧力を掛けて、海水注入を止めさせたと裁判所で認定されたのだ。しかし、事実は、故吉田所長の独断により、海水注入は止められなかった。しかし、歩く国賊・菅直人は、吉田所長が亡くなったことを良い事に、死人に口なしで、自分のやった海水注入の停止を注入は止まっていなかったから、自分は悪くない、悪く言った安倍総理に損害賠償を訴えたということだろう。この裁判により、歩く国賊・菅直人の悪行三昧が暴かれたのだから、歩く国賊・菅直人の刑事責任を問うべきだ。
 歩く国賊・菅直人は控訴するそうだが、最高裁まで争って、自分の悪行三昧を判例として、永久に残して欲しい。(No.4656-2)

|

« 警視庁鳩山守る暇はある | トップページ | 社民落選は党首か福島か »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62804821

この記事へのトラックバック一覧です: 菅の妄言も却下する司法:

« 警視庁鳩山守る暇はある | トップページ | 社民落選は党首か福島か »