« 座り込み旅行会社が煽ってる | トップページ | 朝鮮人の自作自演で騒いでる »

堂々と火薬持ち込むテロリスト

爆発物隠匿・輸送の疑いで刑事手続き スイス検察当局
 スイス検察当局は12日、シリア人とみられる2人について、爆発物の隠匿・輸送などの疑いで刑事手続きを開始した。会見したジュネーブ州検察のジョルノ検事総長によると、シリアのパスポートを持つ2人が乗っていた車から爆発物の痕跡が見つかった。2人はフランス語を話せないという。氏名など詳細は明らかにされていない。
 スイス・ジュネーブ周辺ではこの数日間、警察当局が、パリ同時多発テロの捜査に絡んで、過激派組織「イスラム国」(IS)とつながりがある可能性のある4人の容疑者の追跡を続けてきた。
 2人はその状況下で11日、ジュネーブ周辺で逮捕されたが、パリのテロ関連の4人ではない模様だ。現在も4人がスイスに潜伏中かどうかについては、ジョルノ氏は「兆候はない」と否定的な見方を示した。
 ジュネーブには、国連や赤十字などといった国際機関が集中しており、治安当局は現在テロに対する警戒度を上げている。(ジュネーブ=松尾一郎)(以上(朝日新聞2015年12月13日07時29分)より引用)
http://www.asahi.com./articles/ASHDF1SSRHDFUHBI001.html

 スイスで、シリア人とみられる2人に爆発物の隠匿・輸送の疑いで刑事手続きを開始したそうだが、日本の靖国神社爆破テロ事件では建造物侵入だ。
 世界でテロに対する取り締まりの強化が行われているが、南朝鮮の金浦空港では、実行犯の持っていた火薬ですら、空港の手荷物検査でパスさせているのだから、南朝鮮をテロ支援国家と言っても過言ではない。また、日本の空港でも、テロ支援国家・南朝鮮からの入国者に対しては、全て手荷物を開かせて全数検査するべきだ。外務省も南朝鮮からの入国禁止措置を取るぐらいの警戒をするべきだ。
 日本政府は、靖国神社爆破テロ事件をテロ事件と認定し、南朝鮮の関与を調べるべきだ。(No.4665)

|

« 座り込み旅行会社が煽ってる | トップページ | 朝鮮人の自作自演で騒いでる »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62859906

この記事へのトラックバック一覧です: 堂々と火薬持ち込むテロリスト:

« 座り込み旅行会社が煽ってる | トップページ | 朝鮮人の自作自演で騒いでる »