« サンゴ損傷空港は調べない | トップページ | 世論に訴えて何になるのか裁判所 »

憲法に期日は書いてないのだが

通常国会:新年に 野党「憲法違反」と批判 与党議員も戸惑い
 安倍晋三首相が年内の臨時国会を見送り、通常国会を来年1月4日に召集すると表明したことに、野党は激しく反発した。憲法の規定に基づく臨時国会召集の要求を無視したとして「憲法違反」と批判している。
 民主党の枝野幸男幹事長は東京都内のホテルで記者団に対し「安全保障関連法に続いて2度目の憲法違反だ。国会を召集しないのは独裁者と言われても仕方がない」と首相を厳しく非難した。「通常国会をちょっとぐらい早く始めるからといって、憲法違反が修正されるわけではない」とも強調した。
 首相は通常国会の召集時期について、「憲法の趣旨も念頭に置いて」と述べ、野党の要求も考慮して、できる限り早期にしたと強調した。しかし、高木毅復興相の政治資金を巡る問題などが指摘されるなか、臨時国会を開かない政府の対応は世論の批判を受ける可能性がある。共産党の山下芳生書記局長は「議論に背を向ける極めて身勝手な態度だ」と批判した。
 一方、与党からは、国会召集が新年早々になることに、来夏の参院選で改選となる参院議員の戸惑いの声が上がっている。支持拡大の機会である年始のあいさつ回りが難しくなるためだ。
 自民党の参院幹部は「選挙のことを考えれば、できれば10日ぐらいまで待ってほしかった」と話す。
 来夏に改選を迎える同党の若手参院議員は「お正月しか会えない人もいるのに困る」と語った。【高橋克哉、飼手勇介】(以上(毎日新聞毎日新聞2015年11月17日東京朝刊)より引用)
http://mainichi.jp/shimen/news/20151117ddm005010118000c.html

 安倍総理が臨時国会を見送ったことに対して、大本営・枝野幸男は憲法違反と批判している。
 しかし、憲法には、いつまでと期限を切っていないし、過去にも臨時国会を開催しなかったこともある。理由として、総理の外交日程をあげているが、野党は、総理を出さなければ審議拒否だとやったこともあるではないか。また、政府は閉会中審議に応じたが、どれだけ無駄な質問だったかというのは、大本営・枝野幸男には認識がないようだ。その分、正月明けの4日から通常国会を開催するのだから、そこで十分議論はできるはずだ。何でも「憲法違反」と吠えていれば、民主党の支持率が上がるとでも妄想を描いているだけではないだろうか?まあ、枝野は弁護士だから、自分の都合良いように屁理屈を並べるだけで、不都合は出さないし、弁護士の正義など、相手を言い負かすだけのさもしい正義なのだから、それを政界で振り回す必要など皆無だ。
 新年になれば、政党助成金も貰えなくなるから、解党騒ぎもなくなるのではないか?(No.4640-2)

|

« サンゴ損傷空港は調べない | トップページ | 世論に訴えて何になるのか裁判所 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62701377

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法に期日は書いてないのだが:

« サンゴ損傷空港は調べない | トップページ | 世論に訴えて何になるのか裁判所 »