« どこにでもしゃしゃり出てくる江田憲司 | トップページ | 国が払わぬから日本に集る国 »

やることが河野太郎は民主以下

「2位じゃだめ」の「京」にコスト抑制求める声
 政府予算に無駄がないか有識者が点検する「行政事業レビュー」の2日目の公開検証が12日行われ、理化学研究所のスーパーコンピューター「京けい」について、コスト抑制や国民への説明責任を果たすよう求める意見が相次いだ。
 民主党政権時代の「事業仕分け」では、世界最高性能を目指していた京に対し、蓮舫参院議員が「2位じゃだめなんでしょうか」と発言し、波紋を呼んだ。河野行政改革相は冒頭、「数ある事業の中で最も説明されてこなかったのがスパコン事業だ」と述べた。
 有識者は、京の運営や国内の大学と結ぶネットワーク維持に年間約130億円が使われている一方、企業の利用が少ないことを問題視。「投入予算に見合った成果が得られているのか、十分な説明がなされていない」と指摘した。(以上(読売新聞2015年11月12日22時32分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151112-OYT1T50123.html

 行革相になった河野太郎が、持論である脱原発に関わること、スパコンについて行政事業レビューという名の事業仕分けをやっている。
 河野太郎の私論で、国家を動かして貰っても困るのだ。民主三バカ政権時代の事業仕分けで日本がどうなったかを考えれば、このような馬鹿な発想はないだろう。まあ、馬鹿な河野太郎を黙らせるために行革相に据えたのだろうが、ミスキャストも良い所だ。蓮舫に劣るとも勝らぬ河野太郎が、再度日本を滅茶苦茶にしようとしている。
 河野太郎は、会計検査院の指摘した無駄を省くことからやるべきだ。(No.4635)

|

« どこにでもしゃしゃり出てくる江田憲司 | トップページ | 国が払わぬから日本に集る国 »

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62668371

この記事へのトラックバック一覧です: やることが河野太郎は民主以下:

« どこにでもしゃしゃり出てくる江田憲司 | トップページ | 国が払わぬから日本に集る国 »