« 慰安婦でまたしゃしゃり出るサメの脳 | トップページ | フィクサーを気取って焦る江田憲司 »

普天間のことは考えない翁長

辺野古巡る知事の取り消し、政府が是正求め提訴
 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古沿岸部への移設問題で、政府は17日、同県の翁長おなが雄志たけし知事による移設先の埋め立て承認を取り消した処分は違法として、処分の是正を求める「代執行」に向けた訴訟を福岡高裁那覇支部に起こした。
 地方自治法に基づく代執行での提訴は全国で初めて。国と沖縄県の法廷闘争は、1995年に国が米軍施設の土地利用を巡る「代理署名訴訟」で提訴して以来20年ぶりとなる。(以上(読売新聞2015年11月17日09時23分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151117-OYT1T50050.html

 翁長雄志が辺野古の埋め立て承認を取り消したことで、政府は代執行に向けた訴訟を起こした。
 当然のことだろう。翁長雄志は、辺野古移転推進派から選挙のために、宗旨替えをした輩だ。手続きに瑕疵があるとほざいても、どこがどう間違っているのか明確にしていない。また、自然保護というのならば、那覇空港の第二滑走路と辺野古とどう違うのか二重基準としか言いようがない。まして、辺野古の工事が遅れれば遅れるほど、普天間基地の移設が遅れるのだから、基地周辺の住民の危険性は何も改善されないのだ。
 政府は、サッサとケリを付けて、辺野古の工事を進められるようにし、沖縄に屯している左巻き連中にトドメを刺すべきだ。(No.4639-2)

|

« 慰安婦でまたしゃしゃり出るサメの脳 | トップページ | フィクサーを気取って焦る江田憲司 »

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62694456

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間のことは考えない翁長:

« 慰安婦でまたしゃしゃり出るサメの脳 | トップページ | フィクサーを気取って焦る江田憲司 »