« インドネシアに売りつけた不良品 | トップページ | 韓国がお鍋文化に言い掛かり »

常会の論点になるライザップ

政策にコミット!? 民主・小見山議員、政治資金でライザップ スリムに変身も…「血税を使うな」抗議殺到
 民主党の小見山幸治参院議員(53)=岐阜選挙区=の資金管理団体「未来改革幸山会」が昨年、「スポーツクラブ会費」の名目でトレーニングジム運営会社「RIZAP(ライザップ)」に75万円を支出していたことが28日、分かった。小見山氏の事務所は「スポーツ振興に携わる中で自ら体感するのが目的」と説明。政治活動の“結果にコミット”していく!?(サンケイスポーツ)
 マッチョな体になることを「コミット(約束)する」CMでおなじみのライザップ。ダイエットや肉体改造を目指す人に大人気だが、政治家が政治資金で通っていた!
 この支出は、岐阜県選挙管理委員会が27日に公表した2014年分の政治資金収支報告書で明らかに。小見山氏の事務所によると、昨年1月から秋ごろに東京都内の施設を利用し、昨年3月に「スポーツクラブ会費」の名目で資金管理団体から75万円が支出された。
 同施設のホームページによると、基本的なコースでは入会金5万円と2カ月間のコース料金約30万円がかかる。さらに高額のコースもある。
 事務所は「政治家としてスポーツ振興に取り組んでおり、自ら体験することでスポーツをする人たちの気持ちを感じるのが目的」と強調。「政治活動の一環として問題はないと認識している」と説明している。
 小見山氏は地元岐阜県の自転車競技連盟会長や生涯スポーツ連盟会長を務め、地元でのスポーツ振興に力を入れている。ただし参院ではスポーツ振興を所管する文教科学委員会ではなく、環境委員会に所属している。
 事務所によると「支援者から『スリムになったね』などと言われることもあるようです」。この支出に関して28日に一部で報じられ、事務所には「私費でやれ」「血税を使うな」などの電話が多数寄せられたという。
 政治評論家の有馬晴海氏は「ライザップに通う国会議員は少なからずいる」と明かしつつ、「ほとんどは私費で、政治資金から支出するのは論外だ」と指弾。来年1月4日召集予定の通常国会で「スキャンダルを抱える閣僚を野党が追及すれば、与党からこの問題で攻め返される可能性がある。ライザップに通う議員全員が、私費か公費か国会で問われるかも」と話している。
■小見山 幸治(こみやま・よしはる)1962(昭和37)年11月8日生まれ、53歳。岐阜県出身。福島大経済学部卒業後、国会議員の松田岩夫氏の事務所に入り、公設・政策担当秘書などを25年間務める。2010年の参議院議員選挙に民主党から岐阜県選挙区で出馬し初当選。当選1回。(以上(産経ニュース2015.11.29 12:27更新)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/151129/afr1511290014-n1.html

 民主党の小宮山幸治が、政治資金でライザップに通っていたことが問題になっている。
 小宮山は未だに言い訳をしているだけで、政治資金収支報告書を訂正する気はないようだ。まあ、地元の支持者からも「私費でやれ」「血税を使うな」と電話が掛かっているのだから、いかに庶民感覚からずれたことをやったかというのを悟らなければならない。しかし、そこは民主党議員であり、そのようなことは馬耳東風のようだ。また、ライザップに通う国会議員も多いそうなので、次の通常国会では、一人ずつ私費か公費か踏み絵を踏まされることになるだろう。
 国会議員が政治資金で使える範囲は、一般国民でも経費対象にして、年末調整で税金を還付するようにしないと議員特権になる。(No.4651-2)

|

« インドネシアに売りつけた不良品 | トップページ | 韓国がお鍋文化に言い掛かり »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62772454

この記事へのトラックバック一覧です: 常会の論点になるライザップ:

« インドネシアに売りつけた不良品 | トップページ | 韓国がお鍋文化に言い掛かり »