« 慰安婦の嘘を米国で暴かれる | トップページ | 増税は選挙のために配慮する »

韓国に逃げて訴訟に立ち向かう

元朝日記者の非常勤講師、韓国の私立大で教授に
 いわゆる従軍慰安婦報道に携わった元朝日新聞記者で、北星学園大(札幌市)の非常勤講師を務める植村隆氏(57)が26日、同大で記者会見し、任期が切れる今年度限りで辞職し、来年3月から韓国の私立大で招聘しょうへい教授として講義することを明らかにした。
 植村氏は「韓国で教えるほか、国内で名誉毀損きそん訴訟を起こしており、時間的な制約から非常勤講師を続けられないと考えた」と説明。同席した北星学園大の田村信一学長は「植村氏の雇用について(大学側から雇用を打ち切るといった)学内手続き、決定は何もしていない」と話した。
 植村氏を巡っては昨年、脅迫状や雇用継続に抗議する電話などが大学に相次ぐなどしていた。(以上(読売新聞2015年11月26日12時52分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151126-OYT1T50120.html

 慰安婦をでっち上げた朝日新聞記事を書いた植村隆が、南朝鮮の大学に招聘教授として授業するそうだ。
 理由として、国内で名誉毀損訴訟を起こしているので、非常勤講師はできないが、南朝鮮の教授はできるらしい。朝日新聞も植村の書いた記事を取り消しているのに、それに対する謝罪すらできないばかりか、名誉毀損で訴訟を起こすという、反省をしない輩だから、日本での雇用先はないだろう。北星学園にしても、ことある毎に、大学に抗議がくるから、南朝鮮の大学に行かせれば、そのようなことも無いと踏んだのだろう。
 さて、植村隆は、南朝鮮で、捏造記事の書き方でも教えるのだろうか?(No.4648-3)

|

« 慰安婦の嘘を米国で暴かれる | トップページ | 増税は選挙のために配慮する »

売国奴」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62754526

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国に逃げて訴訟に立ち向かう:

« 慰安婦の嘘を米国で暴かれる | トップページ | 増税は選挙のために配慮する »