« 自動車に二重課税をする燃費 | トップページ | インドネシアに売りつけた不良品 »

政府に向かぬ朝鮮人の逆恨み

韓国の元勤労挺身隊女性 不二越東京本社前で賠償求め集会
【東京聯合ニュース】第2次世界大戦中に女子勤労挺身隊として日本の機械メーカー・不二越(富山市)で労働を強いられた韓国人女性2人が27日、韓国の「太平洋戦争被害者補償推進協議会」など韓日支援団体のメンバー約30人と共に同社の東京本社(港区)前で集会を開き、賠償を訴えた。
 不二越は戦時中、小学校を卒業したばかりの少女を含む約1600人の朝鮮人を自社の軍需工場で働かせた。韓国で昨年、元挺身隊員らへの損害賠償金の支払いを不二越に命じる一審判決が出たにもかかわらず、同社は「日韓請求権協定により戦後補償は解決済み」という日本政府の主張を盾に、履行を先延ばししている。
 集会に出席した80代のチェ・ヒスンさんは、全羅北道全州市で小学校に通っていた1944年、「金を稼げて勉強もできる」という日本人と校長の言葉を信じてついていったところ、不二越の富山工場できつい労働を強いられた。
 不二越で働かされた元挺身隊員の遺影を手にしたチェさんは、本社が入るビルに向かい「私は不二越を信じてついていった」「子孫たちに恥ずかしい人間になるな」などと叫び、「良心」にのっとり被害者に補償をするよう訴えた。
 元挺身隊員を支援する韓国市民団体の共同代表は「日本が加盟する国際労働機関(ILO)の規約に照らしても、10代前半の女性たちに対する強制労働は許せない犯罪だ」と指摘。日本が主張する「請求権協定による賠償終結論」について、「被害者を救えない協定にどんな必要性があるのか。被害者たちの要求は素朴で当然のものだ」と述べた。聯合ニュース(以上(朝鮮日報2015/11/27 17:14)より引用)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/27/2015112702647.html

 南朝鮮の裁判で、損害賠償を認められたとして、戦時中に不二越で労働を強いられたとする朝鮮人2名が、不二越本社前で集会を開いたそうだ。
 しかし、外国人に集会の自由を日本国憲法は認めていないのだから、その場で警視庁は逮捕すれば良かったのだ。そもそも、日本は朴正煕が自分が被害者に支払うとして、朴正煕に賠償金を支払ったのだから、日本の賠償は済んでいるのだ。それが、朴正煕が他に流用したから、被害者に金が回っていないことを棚に上げて、南朝鮮は執拗に賠償金を求めるだけだ。朴正煕が悪いのだから、丁度その糞娘が大統領なのだから、朴槿恵の糞ババアに賠償を求めれば済むことだ。
 何でも屁理屈を並べるだけの朝鮮人とは、サッサと国交断絶にして、日本は朝鮮半島とは何も関わりを持たないと宣言するべきだ。(No.4650-2)

|

« 自動車に二重課税をする燃費 | トップページ | インドネシアに売りつけた不良品 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62765264

この記事へのトラックバック一覧です: 政府に向かぬ朝鮮人の逆恨み:

« 自動車に二重課税をする燃費 | トップページ | インドネシアに売りつけた不良品 »