« パイプ詰まっても何にも困らない | トップページ | 韓国の言いなりなどにならぬ安倍 »

最後まで邪魔してやるぞTPP

朴大統領が日本にTPP参加の後押し要請、日本産水産物規制問題の糸口に
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加をめぐり、韓国が日本に協力を求めたことは、韓国政府が実施している日本産水産物の輸入規制問題を解決する糸口となりそうだ。TPP参加には全12カ国の承認が必要となる。日本側は輸入規制撤廃などの条件を韓国に求める構えだ。
 「(さまざまな懸案に対し)申し上げることは申し上げながら、韓国側の対応を求めた」
 安倍晋三首相は、韓国の朴槿恵大統領との会談後、記者団に日本産水産物の輸入規制問題などに早期の対応を求めたことを明かした。
 韓国は東京電力福島第1原発事故を理由に、平成25年9月から福島県など8県の水産物の輸入を全面禁止。日本は放射性物質が基準値を下回っているとし、規制撤廃を求めたが折り合わず、日本は今夏、世界貿易機関(WTO)に提訴している。
 だが、韓国がTPP参加を検討する姿勢を示したことで、輸入規制問題にも風向きが変わる可能性が出てきた。韓国がTPPに正式参加する場合、既に参加した12カ国から、厳しい市場開放などを求められるためだ。
 TPP参加を承認する日本側は交渉で優位な立場となる。輸出競争力で日本に後れを取るとの焦りから、韓国側が要求を受け入れる可能性は高く、「輸入規制の緩和など、韓国からの妥協を引き出しやすくなる」(交渉筋)と期待する声が上がる。
 ただ、韓国側には、対日貿易赤字をこれ以上拡大させたくないとの思惑もうかがえる。中国の「新シルクロード構想(一帯一路)」にも協力的な姿勢を示しており、TPPへの参加よりも中国との関係強化を優先する懸念もある。(西村利也)(以上(産経ニュース2015.11.3 08:54)より引用)
http://www.sankei.com/economy/news/151102/ecn1511020031-n1.html

 朴槿恵の糞ババアが、安倍総理との首脳会談で、南朝鮮のTPP参加の後押しをおねだりしたそうだ。
 南朝鮮が原発菅災を理由に嫌がらせとして日本産水産物の規制をやっているが、それを止めてやっても良いと言う上から目線のようだ。別に、わざわざ、朝鮮人に日本産のきれいな水産物を食って貰う必要などない。南朝鮮が海洋投棄した屎尿を食った大腸菌もぶれの自国水産品を食わしておけばよい話だ。また、南朝鮮がTPP参加すると日本が有利になるという説もあるが、日本が南朝鮮との輸出入を全面禁止にする方が、余程か日本にとって有利だろう。南朝鮮は、日本から原料や製造設備を買わないと液晶も半導体も作ることすらできなくなるのだから。南朝鮮は、宗主国・中国に付いていけば良いのだ。これこそ、「一帯一路」ではなく「一蓮托生」だ。
 日本は、TPP参加国の最後になっても、南朝鮮の加入に反対を唱えて、TPPに入れないようにするべきだ。(No.4626)

|

« パイプ詰まっても何にも困らない | トップページ | 韓国の言いなりなどにならぬ安倍 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62606696

この記事へのトラックバック一覧です: 最後まで邪魔してやるぞTPP:

« パイプ詰まっても何にも困らない | トップページ | 韓国の言いなりなどにならぬ安倍 »