« BPO総務省さえ楯をつく | トップページ | 小マシなことも質問できぬ民主党 »

下着ドロ噂を暴くのが政治?

「質問が下手で助かった」 野党の追及甘く、与党まずは安堵
 10日の衆院予算委員会は、政府・与党が警戒していた新閣僚の資質を問う質問が、高木毅復興相に浮上した「政治とカネ」などの問題にとどまり、ひとまず切り抜けた格好だ。しかし、閣僚のスキャンダルは政権を揺るがしかねず、来夏には参院選も控えており、政府・与党は引き続き神経をとがらせている。
 「予算委で『事実無根、事務所のミス』と明確に説明した。もうこれ以上、野党も追及できないんじゃないか」。ある自民党国対幹部は、民主党の柚木道義氏がただした高木氏の政治資金問題についてこう述べ、胸をなで下ろした。
 ただ、「質問が下手で助かった。うちが野党だったら、あんな下手な攻撃しかできないやつは失格だ」(自民党国対幹部)というように追及の甘さに助けられた面もある。それでも、高木氏の下着窃盗疑惑には「立件された事実がないから立証しようもない。野党が政治倫理審査会の開催を求めてもやらない」と強気だ。
 10日の衆院予算委では取り上げられなかったが、高木氏以外にも新閣僚の森山裕農林水産相に政治資金問題が発覚。島尻安伊子沖縄北方担当相には、自らの名前と顔写真の入ったカレンダーを地元で配布した問題が浮上している。
 民主党など野党は、臨時国会で高木氏らを追及したい考えで、開催要求に応じない政府・与党への批判を強める。この日の衆院予算委でも民主党の山井和則氏が「国民のためになる政治のために、臨時国会を開いてほしい」と開催を要求したが、安倍晋三首相は「時期の決定は内閣に委ねられている」とはねつけた。
 ただ、11日には参院で予算委の集中審議を開催。政府・与党は臨時国会の代わりに衆参両院の委員会で閉会中審査に応じる方針で、問題を抱える新閣僚には野党の攻撃も予想される。(以上(産経ニュース2015.11.11 07:30)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/151110/plt1511100061-n1.html

 衆議院予算委員会で、野党が手ぐすねを引いて新閣僚の資質を問うことが行われたが、髙木氏の下着窃盗疑惑という噂を国会の場で暴いて何になるのだろうか?
 閣僚の噂を明らかにするのが国会の仕事だろうか?と素朴な疑問が湧く。まるで、レベルの低い週刊誌程度のことを議論するために国会があるのだろうか?髙木氏の下着窃盗については、父親がもみ消したのかも知れないが、証拠がないのだ。民主党は、当時下着を盗まれた人を読んで、参考人質疑なりをやろうとしているのだろうか?それにしても、時効だろ。民主党の中には、執行猶予付きの有罪判決を受けた輩も居るではないか!
 こんなレベルの話で国会を開くのは税の無駄だ。(No.4633)

|

« BPO総務省さえ楯をつく | トップページ | 小マシなことも質問できぬ民主党 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62656329

この記事へのトラックバック一覧です: 下着ドロ噂を暴くのが政治?:

« BPO総務省さえ楯をつく | トップページ | 小マシなことも質問できぬ民主党 »