« 朴槿恵のバラには刺を仕込んでる | トップページ | ふんだくった賠償金を払うだけ »

韓国人を総理にした日本

「参院選“ほら、みたことか”に」村山元首相 安保法で「首相と国民に乖離」と批判
 村山富市元首相は5日、都内で開かれた安倍晋三首相の「戦後70年談話」を検証する出版記念シンポジウムに出席した。安全保障関連法を念頭に「戦後70年、日本は平和と繁栄を守ってきた。なぜ変える必要があるのか。そこに反対している国民と首相の考えに乖離(かいり)がある」と強調。「日本の方向は国民が決めるという意識を持ち、来年の参院選では『ほら、みたことか』となるよう期待している」と述べ、野党の奮起を促した。
 同時に、日本の「植民地支配と侵略」を謝罪した平成7年の「村山談話」を引き合いに「首相は村山談話を継承すると言った以上、素直に継承すればいいのに、安倍談話は『ああでもない』『こうでもない』といっているだけだ」と批判した。
 村山談話については対日要求の外交カードとして利用されている点には触れず、「日本の重しになっていた」と自画自賛した。先の日韓首脳会談に関連して慰安婦問題にも言及。「首相が『日本の責任だから解決したい、協力してください』といえば済むが、『裏付けがない』『証拠がない』ということが首相の腹にあるから言えない。だから、うまくいかない」
 ただ、信用に値する証言もないまま慰安婦募集の強制性を認めた5年の河野洋平官房長官談話が、韓国側からの謝罪要求が繰り返される要因になった点には触れなかった。
 最後は首相に注文をつけるのも忘れなかった。
 「『屈辱の歴史は残したくない』というところに誤りがある。もう少し素直に、率直に良いことは良い、悪いことは悪いとモノがいえるような首相になってほしい」(以上(産経ニュース2015.11.6 07:10更新)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/151105/plt1511050036-n1.html

 中国の孔子平和賞を体調不良を理由に拒否した村山富市が、自分の「戦後70年談話」を自画自賛したそうだ。
 富市は、参院選で自民党が「ほら、みたことか」になるとほざいたが、それならば、富市が有権者を裏切って総理になった社民党はどうなのか?社民党結党以来、全ての選挙で「ほら、みたことか」となっているのにはどう答える気だろうか?なぜ、解決済みの自称慰安婦問題を日本から『日本の責任だから解決したい、協力してください』などと言わなければならないのか?自分が総理時代にも、法的には決着済みだからとアジア女性基金を作ったではないか!もう自分のやった悪行三昧も忘れた惚け老人がとやかく口を出す問題ではない。
 それならば、村山富市は、日本人の慰安婦に対して何かやったというのか!言動ともに朝鮮人だ。(No.4628-2)

|

« 朴槿恵のバラには刺を仕込んでる | トップページ | ふんだくった賠償金を払うだけ »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62625126

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国人を総理にした日本:

« 朴槿恵のバラには刺を仕込んでる | トップページ | ふんだくった賠償金を払うだけ »