« フィクサーを気取って焦る江田憲司 | トップページ | 憲法に期日は書いてないのだが »

サンゴ損傷空港は調べない

翁長知事「サンゴ損傷確認できず」…辺野古沿岸
 沖縄県の翁長知事は17日の記者会見で、8~9月に辺野古沿岸部で行ったサンゴ礁の損傷などを確認するための潜水調査結果について、「岩礁破砕がなされたかは、残念ながら判断できなかった」と明らかにした。
 県は当初、岩礁破砕を許可した範囲外で損傷を確認した場合、移設作業の前提となる許可を取り消すことを示唆していた。
 県によると、調査は8月31日~9月11日に実施。沖縄防衛局が設けたコンクリート製ブロック(アンカー)の周辺など計104か所でダイバーが潜水。県は、立ち入り禁止水域での調査に必要な米軍からの許可に約半年を要したため、その間に海底面の状況が変化し、岩礁破砕の証拠を確認できなかったとしている。(以上(読売新聞2015年11月18日07時14分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151118-OYT1T50023.html

 沖縄県が、辺野古沿岸のサンゴ礁の損傷を確認した結果、岩礁破砕が見つからなかった。まあ、沖縄県は、朝日新聞記者のようにサンゴを損傷させる程バカではなかったようだ。
 それならば、那覇空港の第二滑走路について、一切サンゴを損傷させていないということが言えるのだろうか?翁長雄志のダブルスタンダードが冴えているだけだ。辺野古沖を調査した以上、沖縄県は那覇空港についても調査するのが筋だろう。結局、翁長雄志としては、悪意を持ってあらゆる言い掛かりをつけているに過ぎない。
 沖縄が中国の属国になれば良いというような輩を沖縄県民は総意で支持しているのだろうか?(No.4640)

|

« フィクサーを気取って焦る江田憲司 | トップページ | 憲法に期日は書いてないのだが »

危機管理」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62700078

この記事へのトラックバック一覧です: サンゴ損傷空港は調べない:

« フィクサーを気取って焦る江田憲司 | トップページ | 憲法に期日は書いてないのだが »