« 誤表記で済めば警察など要らぬ | トップページ | 大臣になったら過去が邪魔になる »

洪水になれば工事をしてくれる

鬼怒川、堤防新設・補強など集中整備へ…国交相
 茨城県常総市の鬼怒川の堤防決壊を受けて、国土交通省は10日、鬼怒川を河川激甚災害対策特別緊急事業の対象とすることを決めた。
 今後5年間で堤防の新設や補強に加え、川の拡幅や川底の掘削などを集中的に行い、鬼怒川全体が今回と同程度の降雨に耐えられるように整備する。氾濫1か月に合わせて現場を視察した石井国交相が明らかにした。
 同省によると、鬼怒川で堤防が必要な両岸計約193キロのうち、計画した高さや幅が確保できているのは約83キロ(43%)にとどまっている。決壊区域周辺も、堤防の高さを上げるため昨年度から用地買収を始めていたが、未着工だった。石井国交相は「集中的に改修を行うよう指示した。住民の皆さんの安全安心の確保のため、全力で取り組みたい」と述べた。(以上(読売新聞2015年10月11日08時17分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151010-OYT1T50071.html

 洪水による大被害をもたらした鬼怒川を国交省が、河川激甚災害対策特別緊急事業の対象にすることを決めたそうだ。
 蓮舫が河川整備に400年掛かるとほざいて事業仕分けした内容も、このようにやらなければならない事業となっている。そのためには、住民の多大なる損害がないと動かないと言うのだから、どうしようもない。それにしても、事業仕分けをやった民主党は、責められると他人事の様なことを嘯くのだから、「保守本流」とほざいても誰も相手にしないだろう。
 民主党は、やろうとすれば、簡単にできることもやらないお役所仕事を仕分けする方が先だったのでは?(No.4602)

|

« 誤表記で済めば警察など要らぬ | トップページ | 大臣になったら過去が邪魔になる »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62452492

この記事へのトラックバック一覧です: 洪水になれば工事をしてくれる:

« 誤表記で済めば警察など要らぬ | トップページ | 大臣になったら過去が邪魔になる »