« マイナンバー役所仕事でもう漏らす | トップページ | 河野太郎が認めてる自己不要 »

海外は訂正せずと言う朝日

初弁論で渡部昇一氏が意見陳述「日本国民の名誉傷つけた罪重い…」
 慰安婦をめぐる朝日新聞の報道で誤った事実が国際社会に広まり、日本国民の名誉と信用が傷つけられたとして、約8700人が同社を相手取り、1人1万円の損害賠償と謝罪公告掲載を求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、東京地裁(脇博人裁判長)で開かれた。原告団長の渡部昇一上智大名誉教授は意見陳述で、「朝日新聞社長が慰安婦の実態について誤って認識している国連などを訪れ、訂正と謝罪をすることを望んでいるが、朝日新聞がそれをしないため、提訴した」と裁判の意義を語った。

 朝日新聞側は「(慰安婦は強制連行されたと証言し、後に撤回した)吉田清治氏の証言に基づく記事を取り消したとしても、慰安婦に強制の要素があったことは否定されない。報道で原告や国民の名誉が毀損された事実はない」としており、争う姿勢を示した。
 訴状によると、朝日新聞は吉田氏の虚偽証言に基づき「慰安婦は強制連行された」という虚報を掲載。報道は国際社会に拡散され、日本人の名誉と信用を傷つけたなどとしている。
 この訴訟をめぐっては、約1万7千人も朝日新聞を追加提訴し、原告団の総数は計約2万5千人に上る。(以上(産経ニュース2015.10.14 12:10)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/151014/afr1510140008-n1.html

 朝日新聞の誤報に端を発した慰安婦問題で、朝日新聞が損害賠償請求の訴訟を起こされているが、第1回口頭弁論があり、「報道で原告や国民の名誉が毀損された事実はない」と嘯いたそうだ。
 朝日新聞は、自称慰安婦問題の記事を日本では訂正して削除したが、海外には一切報道をしていない。それが、日本国民の名誉が毀損されたという認識すらないのだから、裁判で白黒付けるしかないだろう。また、ユネスコの記憶遺産に登録された南京大虐殺も朝日新聞発の誤報である以上、報道の自由の名の下に事実をねじ曲げる朝日新聞の姿勢は、強力に批判される内容だ。朝日新聞が社会面に出している訂正記事とは、全く次元の違う問題だ。
 この裁判に、日本の名誉が掛かっていると言っても過言ではない。(No.4605-2)

|

« マイナンバー役所仕事でもう漏らす | トップページ | 河野太郎が認めてる自己不要 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62473802

この記事へのトラックバック一覧です: 海外は訂正せずと言う朝日:

« マイナンバー役所仕事でもう漏らす | トップページ | 河野太郎が認めてる自己不要 »