« 韓国が賠償すれば済む話 | トップページ | 告訴だと裏で操る江田憲司 »

やることはまるで民主という河野

予算の無駄、55事業で検証…ネット中継へ
 河野行政改革相は30日、政府予算の無駄を点検する「行政事業レビュー」の公開検証で、8府省の計55事業を取り上げると発表した。
 検証は11月11~13日に内閣府で行い、インターネット中継する。55事業の2016年度予算の概算要求額は計13兆6000億円に上る。
 55事業のうち、原子力研究開発などエネルギー・地球温暖化対策事業が、約半数の23事業を占める。日本原子力研究開発機構運営費交付金や、石油の国家備蓄施設の管理委託費を取り上げる。
 国際宇宙ステーションやスーパーコンピューター「京けい」の後継機「ポスト京」の開発費のほか、河野氏が「五輪便乗予算」とする東京五輪・パラリンピック関連予算も対象にする。河野氏は「検証結果を財務省の予算査定に反映させてほしい」と話している。(以上(読売新聞2015年10月30日22時44分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151030-OYT1T50132.html

 河野太郎が「行政事業レビュー」なる河野版事業仕分けを発表した。
 内容を見ると、約半数の事業が、原発関連が占めているらしい。ここで、河野太郎の主張する脱原発をやろうという魂胆は丸見えだ。さらに、宇宙ステーションやスパコンも仕分けの対象にするというのだから、やっていることは、民主党の事業仕分けと変わらない。そう言えば、今は、官邸にメールして「ツイッターで庶民の声をブロックする河野太郎には大臣の資格がない」と伝えたら、ブロックを解除したが、やることなすこと河野太郎は民主党の輩ではないかと勘ぐってしまう。
 無駄な金は削減しなければならないが、それならば、憲法で権利の認められていない在日外国人の生活保護費の全額削除から始めるべきだ。(No.4622)

|

« 韓国が賠償すれば済む話 | トップページ | 告訴だと裏で操る江田憲司 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62584779

この記事へのトラックバック一覧です: やることはまるで民主という河野:

« 韓国が賠償すれば済む話 | トップページ | 告訴だと裏で操る江田憲司 »