« 臨時会法的措置を取ればよし | トップページ | 冤罪も大統領が推進す »

どこまでも売国止めぬ元首相

鳩山元首相「もっと謙虚になれ」、日本政府のユネスコ批判に苦言=「真のサムライがまだいた」「彼の失脚は韓国にとって幸いだった」―韓国ネット
  2015年10月15日、韓国・聯合ニュースは、鳩山由紀夫元首相が日本政府の右傾化の歩みに再び苦言を呈したと伝えた。
  報道によると、鳩山元首相は中国英字紙チャイナ・デイリーとのインタビューで、ユネスコ(国連教育科学文化機関)が南京大虐殺関連資料の世界記憶遺産登録を決めたことに、日本政府が強く反発している状況について、「日本はユネスコの決定を批判してはならない」と述べた。また、「(今回の決定は)中国の圧力で行われたものではなく、国際社会の共同の価値をベースにしたもの。日本は国連傘下機構の決定に、もっと謙虚になる必要がある」と苦言を呈した。
  この報道に、韓国のネットユーザーからは鳩山氏をたたえるコメントが多く寄せられている。
「とにかく、すごい勇気に敬意を表します」
「日本には、真のサムライがまだいる」
  「鳩山も日本人だが、彼の良心的で正しい心構えには心から拍手を送りたい」
「日本にも正義は生きている」
  「日本の知識層は、歴史問題を真剣に考えて反省しようとする一方、右翼層は歴史問題を真剣に見ず、覆い隠して美化しようとしている」
「鳩山さんは韓国で言えば盧武鉉(ノ・ムヒョン)のように扱われた人(在任中の評価が低かったが、その後の評価は高い)なのだろう」
  「鳩山さんがこのような行動をとる理由は何?自分が間違ったことをした訳でもないのに…?」
「ある意味、鳩山が首相の座から失脚したのが、韓国には幸いだったかもしれないな。鳩山は中国との交易を可能にし、米国とのバランス外交もうまくやっただろう。そうなれば、韓国は常に日本と比較されることになり、大変だったと思う」(翻訳・編集/三田)(以上(Record China2015年10月16日(金) 21時20分)より引用)
http://www.recordchina.co.jp/a121278.html

 日本メディアでは既に相手にされなくなった生きた国賊・鳩山由紀夫が、南京大虐殺がユネスコの記憶遺産に登録されたことを褒め称えたそうだ。
 本当に、日本のためには何もしなかったルーピーをこのまま日本国として放し飼いにしたままで良いのだろうか?まず、「元首相」の肩書きを使わなくさせて、国費でのSPも止めるべきだ。さらに、売国罪を創設して、元政治屋で日本を貶める行為を行った輩には、漏れなく死刑以上の刑罰に処せるようにするべきだ。日本を貶める行為の定義として、「南朝鮮と中国だけに受け入れられる発言をした」で十分だろう。
 日本は、自由主義の国だが、一部の頭のおかしい輩には対処が必要だ。(No.4610-2)

|

« 臨時会法的措置を取ればよし | トップページ | 冤罪も大統領が推進す »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62507232

この記事へのトラックバック一覧です: どこまでも売国止めぬ元首相:

« 臨時会法的措置を取ればよし | トップページ | 冤罪も大統領が推進す »