« 嘘ばかり日本の恥部がまた吠える | トップページ | 譲歩するのなら会談など不要 »

サムスンもテレビに細工してるよう

サムスン「省電力技術によるもの」=試験逃れ疑惑報道に反論
  英メディアがサムスン製テレビに消費電力操作疑惑があると報じたため、サムスン電子が強く反論した。
 英日刊紙ガーディアンは1日、現地の非営利認証機関「ComplianTV」関係者の話として、サムスン電子の液晶表示装置(LCD)テレビについて、テスト用映像をつけると消費電力が平常時に比べ大幅に減少したと報じた。
 その上で、同紙は「今回の結果は独フォルクスワーゲン社の排ガス不正問題を連想させる」と書いた。テスト用映像に合わせて、サムスン電子が消費電力を下げるソフトウェアを使用した可能性に言及したものだ。
 これに対してサムスン電子は、同社の英語版公式ブログ「サムスン・トゥモロー」で、「明らかに事実でない」と強く反論した。サムスン電子は「テスト用映像が出てくる時に消費電力が減ったのは『モーション・ライティング』という技術だ。基本的にこの機能がオンの状態でテレビが出荷されているため、消費電力テスト時だけでなく普段も動作し続ける」として不正疑惑を一蹴(いっしゅう)した。
 モーション・ライティングとは、動きが多い映像が出た時、テレビが自動的にこれを感知、画面の明るさを落として消費電力を下げる技術のことだ。サムスン電子では2011年から市販されているテレビの全機種にこの技術を採用してきた。テレビの消費電力は10分間の標準映像を使用し、メーカーがそれぞれテストした結果を出せば、各国のエネルギー関連機関が検証する形で認証が行われている。李吉星(イ・ギルソン)記者(以上(朝鮮日報/朝鮮日報日本語版2015/10/03 08:23)より引用)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/03/2015100300339.html

 イギリスの非営利認証機関「ComplianTV」関係者の話として、サムスンが液晶テレビの消費電力を低く見せかけるために、VWの車と同じような細工をしているらしいことが分かった。
 家電品の消費電力の誤魔化しは、三菱電機がエアコンで爆音モードという消費電力測定専用モードを用いた前例がある。液晶テレビの消費電力の大半は、バックライトの消費電力なので、それをいじるしか手立てはない。それをやっているのだから、操作疑惑と取られても仕方がない。
 サムスンは全面否定しているようだからやっているのだろう。(No.4595)

|

« 嘘ばかり日本の恥部がまた吠える | トップページ | 譲歩するのなら会談など不要 »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62407040

この記事へのトラックバック一覧です: サムスンもテレビに細工してるよう:

« 嘘ばかり日本の恥部がまた吠える | トップページ | 譲歩するのなら会談など不要 »