« 洪水になれば工事をしてくれる | トップページ | カネを出す時は中国途上国 »

大臣になったら過去が邪魔になる

河野行革相、ブログ再開も…「脱原発」など過去記事の閲覧はできず
 河野太郎行政改革担当相が、中断していた自身のブログを再開した。ただ「脱原発」の持論を掲げ、安倍晋三政権による原発再稼働などを批判した過去の書き込みは、9日現在も閲覧できないままとなっている。
 再開は8日夜。「入閣に当たり」と題した同日付の記事で、河野氏は「政府の中でしっかりと主張すべきことを訴えていく」と述べた。一方で「国務大臣として政府の一員になる以上、政府の外に向かっては政府の政策を擁護し、訴えていくことになる」とした。脱原発の主張については触れていない。
 同じ内容をメールマガジンでも配信した。ブログは一時、「メンテナンス中」と表示され、見ることができない状態になっていた。(以上(産経ニュース2015.10.10 08:09)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/151010/plt1510100009-n1.html

 河野太郎がブログを再開したが、「脱原発」の持論は閲覧できないようにしているそうだ。
 大臣になると「脱原発」は、内閣の方針に沿わないとして、閲覧できないようにして、過去を封印するつもりらしい。ということは、河野太郎とは何一つとして政治信念など持っておらず、大臣の餌に釣られて宗旨替えをすると言うのだから、その行為自体、河野太郎の信頼性を自ら無くしていると言える。これから、国会が開催されれば、河野太郎は、野党の集中砲火を浴びることになるだろう。その時には、民主党議員よりももっと厚顔無恥でなければ、耐えられないことだろう。また、河野太郎は蓮舫からエールを貰うぐらいだから、何かやらかさないか楽しみでもある。
 ネットでは、「魚拓」が残っているから、過去と整合性のない発言をすれば直ぐに過去を晒されるだろう。(No.4602-2)

|

« 洪水になれば工事をしてくれる | トップページ | カネを出す時は中国途上国 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62453917

この記事へのトラックバック一覧です: 大臣になったら過去が邪魔になる:

« 洪水になれば工事をしてくれる | トップページ | カネを出す時は中国途上国 »