« 富市の足腰弱るまで放置 | トップページ | やることはまるで民主という河野 »

韓国が賠償すれば済む話

<韓日首脳会談>朴大統領「慰安婦問題、年内に妥結して被害者の傷が癒えるよう願う」
  『朴槿恵(パク・クネ)大統領は「韓日首脳会談を機に慰安婦問題が年内に妥結して被害者の方々の傷が癒えることを願う」と述べた。
  朴大統領は来月2日に開かれる韓日首脳会談を控え、朝日新聞など日本メディアとの書面インタビューで「日本政府が、被害者が受け入れ、我が国民が納得できる解決策をできるだけ早く示すことが重要だ」と述べた。
  特に、今回の首脳会談を通じて慰安婦問題を解決することで「お互いに傷口をさらに広げることがないようにしたい」としながら「過去の問題でこれ以上お互いに傷つけ合い、物議を醸すことがないよう心から希望する」と伝えた。
  朴大統領はまた「日本の安保法案に対し、周辺国の憂慮があるのが現実」とし「日本の平和憲法の精神を基礎に北東アジアの平和・安定に役立つ方向で透明に履行されるべき」と伝えた。』(以上(2015年10月30日11時22分[(C)中央日報日本語版] より部分引用)
http://japanese.joins.com/article/726/207726.html

 南朝鮮紙が、昨日の吐き気のする朝日新聞の書面インタビューでの朴槿恵の糞ババアの発言を引用して、好き勝手をほざいている。
 慰安婦についても、日本は日韓基本条約締結時に朴正煕に賠償金を支払っている。賠償金を被害者に支払わず横流しをしたのは朴正煕であり、賠償責任は南朝鮮政府であり、朴槿恵の糞ババアの仕事だ。何が傷が癒えるようにだ、傷を癒すのは南朝鮮の仕事であって、日本に三度目の賠償金のお代わりをすることではないだろう。お代わりをすることで、朴槿恵の糞ババアの無能無知の権化は、支持率を回復しようとしているだけだ。安保法も、日本は南朝鮮に関わらないのだから、ご心配には及ばない。その代わり、朝鮮半島有事の際に、米軍が南朝鮮を助けに行く手段が無いことを自覚すれば良いのだ。
 米軍慰安婦も自称慰安婦に入れて賠償をねだる南朝鮮など首脳会談をする意味もない。(No.4621-2)

|

« 富市の足腰弱るまで放置 | トップページ | やることはまるで民主という河野 »

内政干渉」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62578096

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国が賠償すれば済む話:

« 富市の足腰弱るまで放置 | トップページ | やることはまるで民主という河野 »