« 事件後は一か月すら掛からない | トップページ | 補助金は直に辺野古へ渡す策 »

隠してたことがバレたと言うコリア

「自衛隊活動範囲巡るやりとり隠蔽」韓国紙批判
 【ソウル=宮崎健雄、阿部真司】20日にソウルで行われた日韓防衛相会談の後に、韓国国防省が日本の安全保障関連法に基づく自衛隊の活動範囲に関するやりとりの一部を意図的に公表しなかったとして、韓国メディアの批判を受けている。
 日本の防衛省と韓国国防省関係者によると、会談で韓国の韓民求ハンミング国防相は自衛隊が北朝鮮で活動できるかどうかについて、「北朝鮮は憲法上韓国領であり、韓国の同意を得なければならない」と主張した。中谷防衛相は「日本側の理解として、韓国の有効な支配が及んでいる範囲はいわゆる休戦ラインの南側だ」との見解を述べた。
 韓国国防省が会談後に中谷氏の発言を公表しなかったため、22日付の韓国紙・朝鮮日報は「なぜ隠蔽したのか」と題する社説で批判した。中谷氏は22日、ソウル市内で記者団に対し、自衛隊の活動範囲に関するやりとりを非公開とする合意はなかったと強調した。(以上(読売新聞2015年10月22日20時10分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20151022-OYT1T50117.html

 日韓外防衛相会談の内容で、日本が南朝鮮の範囲は休戦ラインの南側だとの見解を示したことを報道しなかったとして南朝鮮で問題になっているそうだ。
 南朝鮮の憲法では、領土が北朝鮮も含んでいるが、それを日本に否定されたことを公表したくなかったのだろう。特に、機密でも何でもない内容だが、南朝鮮の歴史ファンタジーからすると不都合な内容なのだ。しかし、それならば、南朝鮮が北朝鮮のミサイルや核兵器をコントロールできているかと言えば、全くなされていないのだ。それゆえに、何時日本にミサイルが飛来するかどうか分からないのに、南朝鮮にお伺いを立ててなどという馬鹿げたことはできない。日本は即応するしかないのだ。
 南朝鮮の不都合を公表することこそ、今の日本外交には必要不可欠だ。(No.4614)

|

« 事件後は一か月すら掛からない | トップページ | 補助金は直に辺野古へ渡す策 »

国防」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62532328

この記事へのトラックバック一覧です: 隠してたことがバレたと言うコリア:

« 事件後は一か月すら掛からない | トップページ | 補助金は直に辺野古へ渡す策 »