« TTPに国産のブランド化 | トップページ | TTPには韓国など要らぬ »

漢方がノーベル賞で認められ

中国人薬学者の屠ユウユウ氏は博士号も留学もない「三無教授」だった…中国で“偽物”じゃないと賞賛の嵐
 【北京=川越一】今年のノーベル医学・生理学賞に中国人として初めて女性薬学者の屠ユウユウ氏(84)が選ばれ、中国国内で反響が広がっている。
 中国人では最近、2010年に民主化活動家の劉暁波氏がノーベル平和賞を受賞。12年には作家の莫言氏が文学賞を受賞した。しかし、中国本土の科学者がノーベル賞を受賞できない状況に、「中国に真の科学者はいない」といった自虐的な声が挙がっていた。
 屠氏の受賞が伝えられると、中国のネット上には「屠ユウユウは中国籍で、真の中国人だ。偽物の洋鬼子(西洋人)ではない」「本当の意味での、初めての中国人の受賞だ」などと称賛する書き込みが殺到した。
 屠氏は1930年、浙江省寧波市に生まれた。北京大医学院で、中国では人気が低かった生物薬学を学んだ。漢方薬などを研究し、中国中医科学院の主席科学者に就任したが、博士号や海外留学経験を持たず、学士院会員でもない「三無教授」として知られていた。 文化大革命の時代に、ベトナム戦争の戦地や中国南部でマラリアによる死者が増加。屠氏は、古来より伝わる中国全土の漢方薬を試し、1600年前の文献からマラリアに効果がある調合法を見つけ出した。
 2011年に、米国で最も権威ある医学賞でノーベル賞の登竜門ともいわれるラスカー賞を受賞した際、屠氏は「幼い頃、民間の中国医が患者を救う姿を目の当たりにした」などと、受賞の喜びを語っていた。 ※ユウは「口へんに幼」(以上(産経ニュース2015.10.6 09:00)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/151005/wor1510050045-n1.html

 今年のノーベル医学・生理学賞に、日本の大村智氏と共に中国の屠ユウユウ氏が選ばれた。
 屠ユウユウ氏は、中国籍で、博士号も留学も学士院会員でもないという「三無教授」と評されているが、それでも、ノーベル賞の選考委員は、ちゃんとその業績を評価しているのだ。さらに、漢方薬によってマラリアに効果のある調合法を見つけ出したということも大きな業績だと思う。漢方のパクリの韓方からでは、このような独創的な仕事など出てくることはないだろうが。
 西洋医学によって、漢方が軽く見られた時代もあるがそれなりに理に適った医学なのだ。(No.4597-2)

|

« TTPに国産のブランド化 | トップページ | TTPには韓国など要らぬ »

「ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62421106

この記事へのトラックバック一覧です: 漢方がノーベル賞で認められ:

« TTPに国産のブランド化 | トップページ | TTPには韓国など要らぬ »