« 取り消すなら補助金返すのが筋ぞ | トップページ | 会館のために義務化という自民 »

これで許すのか情けない自民党

セクハラ暴行問題で“手打ち” 自民・民主双方が謝罪 大沼氏なお未練
 民主党の津田弥太郎参院議員は24日、参院特別委員会で17日に行われた安全保障関連法案の採決の際に暴行した自民党の大沼瑞穂参院議員を訪ね、「けがをしたのは遺憾だった」と謝罪した。一方、自民党の佐藤正久参院議員も同日、民主党の安井美沙子参院議員に対し16日の混乱時に暴行したとして謝罪した。自民、民主両党は双方の謝罪で“手打ち”とする考えだ。
 津田氏は産経新聞の取材に「関係ない」としていたが、一転して非を認めた。同席した榛葉賀津也参院国対委員長も謝罪した。
 大沼氏によると、津田氏は混乱した委員長席から離れた場所で大沼氏を引き倒し、膝の上に乗せてから投げ飛ばしたという。大沼氏は右手の指を負傷した。
 自民党の谷垣禎一幹事長は記者会見で「参院で協議した結果だ」と述べたが、大沼氏は会見で「個人として、もう一度しっかりと謝ってほしい」と未練を残した。(以上(産経ニュース2015.9.24 18:20)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/150924/plt1509240036-n1.html

 津田弥太郎のセクハラ暴行事案が一転津田の謝罪と、何故か知らないが佐藤議員も勝手に机に上がった安井美沙子に謝罪することで手打ちになったそうだ。
 津田弥太郎は、「関係ない」とほざいていたのが、なぜ、謝罪する気になったのだろうか?津田弥太郎には、司法の裁きを受けて貰うしかないと確信する。しかし、日本のマスゴミは、自民党議員の些細なことは、大きく膨らまして記事にするが、民主党議員の悪行三昧は、ほとんど報道しない。これも、マスゴミが朝鮮人に乗っ取られているというネットの記事を肯定することだ。公平なマスゴミが無い今、自分で情報を入手して良し悪しまで判断しなければならない時代なのだろうか?
 それにしても、これで「手打ち」とは、自民党が情けない。(No.4586)

|

« 取り消すなら補助金返すのが筋ぞ | トップページ | 会館のために義務化という自民 »

川柳」カテゴリの記事

放送」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

新聞」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62349088

この記事へのトラックバック一覧です: これで許すのか情けない自民党:

« 取り消すなら補助金返すのが筋ぞ | トップページ | 会館のために義務化という自民 »