« 組織委も佐野と同じというパクリ | トップページ | 不法残留時効になれば堂々と »

雨に託けて垂れ流す汚染水

排水能力超える大雨で汚染雨水流出…福島第一
 東京電力は11日、福島第一原子力発電所の排水路から、放射性物質で汚染された雨水が直接、外洋に流出したと発表した。
 雨水をくみ出すポンプの能力を超える大雨が降り、同日午前3~7時頃、計3回流出したという。同様の流出は繰り返し発生しており、東電は、外洋につながる排水路の出口を港湾内に変更する作業を進めている。(以上(読売新聞2015年09月11日21時12分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150911-OYT1T50115.html

 東京電力が、また、福島第一原発から汚染水を垂れ流した。
 排水ポンプの能力を超える雨が降ったというが、これまでも、雨が降る度に汚染水を垂れ流していながら、それに対応する排水ポンプの設置もしていなかったというのだから、これは東電の未必の故意だ。また、汚染水を垂れ流しても、悪いと言う意識すら東電から消えているようだ。事故前ならば、ごく微量でも放射性物質が原発建屋外に出ただけで問題だったのが、今では通り一遍のニュース記事でしかなくなっている。
 放射性物質を垂れ流したのだから、原子力規制委員会は東京電力の責任を問うべきだ。(No.4573)

|

« 組織委も佐野と同じというパクリ | トップページ | 不法残留時効になれば堂々と »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

電力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62266801

この記事へのトラックバック一覧です: 雨に託けて垂れ流す汚染水:

« 組織委も佐野と同じというパクリ | トップページ | 不法残留時効になれば堂々と »