« 刑法を破り九条を吠える | トップページ | 存在意義を否定する参議院 »

本社から遵法意識ないマツダ

マツダCM道交法違反疑い、静岡 制作会社を書類送検
 静岡マツダ(静岡市)が外部発注したテレビCMの撮影をめぐり、撮影車両が対向車線にはみ出すなど許可に反して危険走行したとして、静岡県警は16日、道交法違反容疑で、映像制作会社とこの会社の男性社員を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。
 送検容疑は5月25日、静岡県伊豆市の県道でCM撮影をした際、道路使用許可の内容に違反して、反対車線にはみ出すなど一般車両の走行を妨げた疑い。
 捜査関係者によると、制作会社は県警大仁署への道路使用許可申請で「車を並走させない」という条件で撮影許可を受けたが、実際には撮影車が並走し、対向車線にはみ出していたという。(以上(2015/09/16 13:17【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015091601001272.html

 コンプライアンス(遵法精神)の欠片もないマツダの子会社が、嘘の道路使用許可を申請して、書類送検された。
 まあ、親会社のマツダから順法精神など欠如して、派遣社員を1日だけ正社員にして、翌日には派遣に戻すなど労働基準法に違反しても屁とも思わないのだから、その子会社に順法精神を求めても無駄だろう。普通の会社なら、EVを自治体に寄付するというのが普通の姿だが、マツダは量産もしていないEV車を広島市に総額にすればベンツが買えるだけのリース料を取った上、走行データを取るなどという普通の一部上場企業では考えられないことも平気でやらかす会社だ。また、広島市も広島工場には投資をせず、山口の周防工場にシフトしているマツダを庇うのだからどうしようもない。
 静岡地検は、今回の静岡マツダの犯罪について立件して、有罪判決が出るように頑張って欲しい。(No.4578)

|

« 刑法を破り九条を吠える | トップページ | 存在意義を否定する参議院 »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62296942

この記事へのトラックバック一覧です: 本社から遵法意識ないマツダ:

« 刑法を破り九条を吠える | トップページ | 存在意義を否定する参議院 »