« セクハラをする作戦も民主党 | トップページ | 泥沼にしないためにも警察を »

どさくさに紛れセクハラする民主

「私を羽交い締めにして引き倒し…」 自民女性議員が民主議員の“セクハラ暴行”を激白!
 17日夜の参院平和安全法制特別委員会での安全保障関連法案の採決の際、自民党の大沼瑞穂参院議員(36)が、民主党の津田弥太郎参院議員(63)に後ろから羽交い締めされた上、引き倒されるなどの暴行を受け、けがをしていたことが18日、分かった。
 大沼氏が被害にあったのは、大混乱となった委員長席周辺ではなく、偶発的な暴行が起きる可能性は少ない。大沼氏は産経新聞の取材に対し、「想像を絶する暴力的セクハラ行為に非常にショックを受けている。津田氏から何の謝罪もない」と話した。
 大沼氏によると、参院第1委員会室で採決が行われた際、委員席の間の通路に立っていた。すると突然、津田氏に背後から羽交い締めにされて後ろに引き倒された。さらに両脇の下に腕を入れられ、後方の椅子に引きずられた。この後、津田氏は、大沼氏をいったん膝の上に乗せた上で床に投げ飛ばしたという。
 大沼氏は右手をついた際、薬指と小指を突き指した。すでに医師の治療を受け、診断書も作成してもらったという。
 自民党執行部は、事態を重く見て、津田氏の告訴を含めて対応を検討している。
 一方、産経新聞社は津田氏に取材を申し込んだが、18日午後4時までに回答しなかった。(以上(産経ニュース2015.9.18 17:01)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/150918/plt1509180076-n1.html

 参院の特別委の採決のどさくさに紛れて、民主党の津田弥太郎が、自民党の大沼瑞穂議員にセクハラ暴行を働いたが謝罪すらせずにすっとぼけてる。
 しかし、ネット上の動画が多数掲載されているが、どれを見ても、委員会室の位置口近くでどさくさにまぎれてやっているとしか見えない。これも、岡田克也がほざいた「何でもやる」という施策の一環なのだろうか?津田弥太郎は、次回選挙には出馬しないと言っているので、冥土の土産にやったのかも知れないが、許される行為ではない。国会での発言は如何なるものであっても罪は問われないが、暴力沙汰は許されはしない。これで、参議院が「良識の府」などヘソが茶を沸かしそうだ。
 大沼議員は、津田弥太郎を刑事告訴して、白黒付けるべきだ。(No.4581)

|

« セクハラをする作戦も民主党 | トップページ | 泥沼にしないためにも警察を »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62315605

この記事へのトラックバック一覧です: どさくさに紛れセクハラする民主:

« セクハラをする作戦も民主党 | トップページ | 泥沼にしないためにも警察を »