« お詫びしたTBSに火を付ける | トップページ | 県庁も一枚岩でない辺野古 »

成績が良すぎてバレたのは不正

法務省、明大教授を告発 守秘義務違反疑罪、東京地検特捜部が捜査 法務省「合格者への影響ない」
 今年の司法試験で明治大学法科大学院の男性教授が自身の作成した試験問題を教え子の女性受験者に漏洩(ろうえい)した問題で、法務省は8日、問題を漏洩した青柳幸一教授(67)=憲法学=を国家公務員法(守秘義務)違反罪で東京地検に刑事告発した。東京地検特捜部は捜査を開始。司法試験をめぐる問題漏洩で刑事責任が追及されるのは初めて。
 法務省によると、青柳教授は平成18年から司法試験で憲法の試験問題の作成と採点を担当する考査委員を務めていた。考査委員は法曹三者や大学教授からなり、民間人の場合は非常勤の国家公務員となる。
 法務省などによると、青柳教授は今年5月の司法試験より前に、教え子の20代の女性に自身の作成した憲法分野の論文問題の内容などを伝えた。採点の際、この女性の答案で憲法分野の点数が著しく高かったため、法務省が調査を実施。調査に対し、青柳教授、女性とも漏洩を認めた。
 法務省は8日、青柳教授を考査委員から解任。漏洩が合格者の判定に与えた影響については「情報流出先はこの女性1人で、女性を採点対象から外したため影響はなかった」とした。この女性から他の受験者に漏洩された情報が伝わった形跡は現時点で見つかっていないという。また、女性に対し、司法試験と司法試験予備試験の受験を5年間禁止する行政処分を行った。
 青柳教授は明大を通じ、「大学と社会を騒がせて申し訳ありません」とするコメントを発表。明大も「司法試験制度の根幹を揺るがしかねない事態。当該教員には厳正なる対応を行う」とするおわびを発表した。
 上川陽子法相は同日午前の閣議後の記者会見で「まことに遺憾だ」とし、原因糾明と再発防止のためのワーキングチームを省内に設置する方針を示した。(以上(産経ニュース2015.9.8 11:22)より引用)
http://www.sankei.com/affairs/news/150908/afr1509080010-n1.html

 明治大学の青柳幸一が、自分の所の学生に司法試験の問題を漏らしたとして東京地検に刑事告発された。
 前代未聞と言いたいところだが、過去にも同様の事件があって、その善後策を法務省が取っていなかったというおまけ付きだ。法律を扱う法務省が、トカゲのシッポ切りで法務省の組織を守ろうとしているのは痛い程分かる。しかし、当事者だけ処分したので済むのだろうか?当然、委託した官僚にも責任を問う必要があるだろう。今年の試験では、この学生一人かも知れないが、過去に青柳幸一が問題作成にかかわった年の明大生の合格者を全て洗うべきではないのか?
 しかし、この学生だけ憲法分野の点数が異常に高かったことで、バレたと言うのはお笑いだ。(No.4569-2)

|

« お詫びしたTBSに火を付ける | トップページ | 県庁も一枚岩でない辺野古 »

公務員」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62242152

この記事へのトラックバック一覧です: 成績が良すぎてバレたのは不正:

« お詫びしたTBSに火を付ける | トップページ | 県庁も一枚岩でない辺野古 »