« 市長選安保反対では勝てず | トップページ | 刑法を破り九条を吠える »

国挙げて図星を怒るのはコリア

駐日韓国大使、本社に抗議 記事削除を要請 本社社長拒否
 韓国の柳興洙駐日大使は15日、産経新聞社を訪れ、産経新聞のウェブサイト「産経ニュース」と「SANKEI EXPRESS」紙(8月30日付)に掲載された野口裕之・本紙政治部専門委員の「米中二股 韓国が断ち切れぬ『民族の悪い遺産』」と題された記事について、「憤りを覚える内容で朴槿恵大統領や韓国国民を冒涜している」と述べ、記事の削除と謝罪を要請した。
 また、柳大使は朴大統領の訪中について、「日中韓首脳会談の開催に消極的だった中国から前向きな回答を引き出した」と強調、大統領の訪中を「事大主義」と論評した同記事を批判した。
 これに対し、産経新聞社の熊坂隆光社長は「記事は記者の自由な論評、評論であり、削除や謝罪をする考えはない。自由なジャーナリズムの表現は自由な社会を構成する要素のひとつだ」と要請を拒否した。
 記事は韓国外交の特徴として事大主義を挙げ、朴大統領の抗日戦勝70周年記念軍事パレードへの参観を例として取り上げた。(以上(産経ニュース2015.9.15 17:11)より引用)
http://www.sankei.com/world/news/150915/wor1509150039-n1.html

 南朝鮮の駐日大使が、産経新聞社を訪問して、記事の削除と謝罪を要求したのに対して、熊坂隆光社長は凜として南朝鮮の要求を撥ね付けたそうだ。
 そもそも、大統領が自分の不都合な国内記事には、名誉毀損で告訴する世界で最後進国の南朝鮮の言い分だ。世界の常識から鑑みても、常識を大きく逸脱している。まして、日本は、言論の自由を認めている国であり、それに対して、とやかく言ってくる南朝鮮の民度というのは、世界最低ランクだろう。しかし、南朝鮮がこのように言い掛かりを付けてくると言うことは、記事の内容が図星なのだ。まあ、日本の中にも、ツイッターの発言について法的措置を取るなどと脅したり、実際に告訴する民主党のような、南朝鮮と変わらない政党があることも事実だが。
 産経新聞が気をつけなければならないのは、南朝鮮に駐在している記者の安全だろう。(No.4577)

|

« 市長選安保反対では勝てず | トップページ | 刑法を破り九条を吠える »

内政干渉」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62290848

この記事へのトラックバック一覧です: 国挙げて図星を怒るのはコリア:

« 市長選安保反対では勝てず | トップページ | 刑法を破り九条を吠える »