« 学会のための外交求めてる | トップページ | 中国は韓国よりはマシな国 »

マツダなら違法行為は当たり前

静岡マツダCM撮影で危険走行 ツイッターで指摘受け、謝罪
  マツダの子会社「静岡マツダ」は2015年8月7日、テレビCMの撮影をした際に撮影車両が一般車両の安全走行を妨げたとして、ホームページ上に「おわび」を掲載した。
  問題の撮影は、5月25日に静岡県道127号(西伊豆スカイライン)で行われた。実際に撮影時の様子を見たという人物が「公道での撮影にも関わらず道路封鎖無し 撮影車は対向車に構わず車線をはみ出してくる」「さっきCM見て判明。大手が公道でこんな事していいの?」などとツイッター上で写真付きで指摘。これに気付いた同社がCM発注先の広告代理店に確認して判明した。
  静岡マツダは「本件を真摯に受け止め、発注先の広告代理店とともに、警察当局の指示に従うと共に、再発防止に向けた体制強化を徹底してまいります」とのコメントを発表。テレビCMはすでに放映を中止したという。
  なお、マツダ本社の公式ツイッターは3日時点で「本社の撮影の事実はない」として一度は否定したが、7日に「静岡マツダによるテレビCM制作時の一般車両等の安全走行を妨げる撮影と判明しました」と訂正し、謝罪した。(以上(J-CASTニュース2015/8/ 9 16:12)より引用)
http://www.j-cast.com/2015/08/09242330.html

 マツダが、CM撮影にために公道を身勝手に塞いで、お詫びで済まそうとしている。
 まず、静岡県警は「静岡マツダ」を道路交通法違反容疑で、本社を含めて全営業所の家宅捜索を行うべきだ。そして、然るべき輩を道路交通補違反で刑事告発をするべきだ。何と言っても、マツダは違法行為を何とも思わない会社だから、思い知らせてやる必要がある。広島市民球場の命名権取得の際には、派遣社員を1日だけ正社員として雇用し、翌日解雇して派遣社員にしていたという労働基準法違反で裁判中であった。広島市は、命名権取得に対して刑事罰を受けていないという事を明記していながら、裁判中というのでマツダに命名権を与えて、「マツダZOOMZOOMスタジアム」という反吐が出る名前を付けた。そして、裁判所の判決が確定した段階で、広島市にマツダの命名権を剥奪するべきだとメールしたが、決めたことだから変えられないという公務員ならではの返答を頂いた上、そのメールの文面をネット上に公開すると告訴すると脅された。また、マツダが未だに量産化もしていないEV車を広島市がベンツの買えるだけのリース費用で借りた上に、走行データをマツダにくれてやっているという事実もある。広島市は、EV車がデミオと同じ車体なので公務員が乗りやすいからと言う理由で血税をマツダに垂れ流している。しかし、一方、マツダが儲かれば税収の増える安芸郡府中町は一銭もマツダが不況だと言ってもゼニを出さず、儲かった時だけいい顔をしている。
 違法行為の止まないマツダには、会社丸ごと刑事罰に処すしか仕方のないことだ。静岡県警には、是非とも、マツダ本社の家宅捜索もやって欲しいものだ。(No.4540 )

|

« 学会のための外交求めてる | トップページ | 中国は韓国よりはマシな国 »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62050314

この記事へのトラックバック一覧です: マツダなら違法行為は当たり前:

« 学会のための外交求めてる | トップページ | 中国は韓国よりはマシな国 »