« 妹はまともらしいが力なし | トップページ | 実家のために訪韓する岡田 »

韓国にトドメ残りの二年半

韓国経済、世界最下位転落 “終息宣言”前倒しの悪あがきも…消費者景況感指数
 『韓国経済はついに「世界最低」に-。米調査会社ニールセンが発表した今年4~6月期の世界の消費者景況感指数で、韓国の指数は調査対象60カ国中、初の最下位に転落した。輸出も内需も不振で若者の失業率も高止まるなか、中東呼吸器症候群(MERS)の感染拡大がとどめを刺した。MERSの“終息宣言”を前倒しするなど悪あがきする朴槿恵(パク・クネ)政権だが、世界の「独り負け」から脱却する展望は開けない。
 ニールセンは2005年から四半期に1度、各国の消費者心理を調査している。指数が100を超えると消費者の楽観論が優勢で、100を下回ると悲観論が多いことを示す。参加60カ国の平均値は96で、前回の1~3月期の調査から1ポイント悪化した。
 主な順位(別表)をみると、1位のインド(指数131)、2位のフィリピン(同122)、3位のインドネシア(同120)のほか、タイ、中国、香港、ベトナムなどアジア勢が上位を席巻した。
 日本の指数も前回調査から1ポイント改善の「83」で、順位も37位と2ランク上昇したのに対し、韓国は「45」と前回から1ポイント悪化し、前回の59位から最下位の60位に転落してしまった。
 事実上の財政破綻状態で社会生活も混乱したギリシャが「53」で57位、ロシアとの争が続き、前回調査で最下位だったウクライナにも逆転を許した。
 韓国メディアによると、調査では、韓国人の86%が「現在は不況だと感じている」という。』(以上(ZAKZAK2015.07.31)より部分引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150731/frn1507311140001-n1.htm

 ニールセンの消費者景況感指数の調査で、南朝鮮が調査対象国60か国中、見事に最下位に輝いたそうだ。
 財政破綻状態のギリシアよりも下というのだから、重篤な状態と言えるだろう。しかし、これも全て、朴槿恵の糞ババアの二年半の成果と言えるだろう。危機管理能力の欠如が、全て悪い方向に向いているのだから仕方あるまい。朴槿恵を選んだ朝鮮人も、日本で民主党を政権に選んで失敗した日本人の二の舞を舞ったとも言える。だが、朴槿恵の糞ババアの任期はまだ、二年半も残っている。
 さて、残り二年半で、朴槿恵の糞ババアが南朝鮮をどこまで突き落とすか楽しみとしか言いようがない。南朝鮮が浮上するとすれば、朴槿恵の糞ババアの妹、朴槿令の言う通りの道しかないと思うが、人の諫言を聞くような度量が朴槿恵の糞ババアにあるとも思えないが。(No.4531)

|

« 妹はまともらしいが力なし | トップページ | 実家のために訪韓する岡田 »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/61996637

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国にトドメ残りの二年半:

« 妹はまともらしいが力なし | トップページ | 実家のために訪韓する岡田 »