« 韓国は戦争さえもファンタジー | トップページ | 談話よりカネをよこせというコリア »

国賊が未だに生きている不幸

70年談話:村山元首相が批判 談話継承の認識「ない」
 村山富市元首相は14日、大分市で記者会見し、安倍晋三首相が発表した戦後70年談話について「何のためにおわびの言葉を使ったのか、矮小(わいしょう)化されて不明確になった。植民地支配や侵略などの言葉をできるだけ薄めたものだ」と批判した。村山談話が継承されたという認識は「ない」と述べた。
 村山氏は「長々と言葉に配慮し、苦労して作った文章だというのが第一印象。しかし最後は焦点がぼけ、何を言いたかったかさっぱり分からない」と述べた。
 一方、安倍談話が「先の世代に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」とした点については「(政府の姿勢を)はっきりさせれば謝る必要はない。安倍首相が最初から(村山談話を)継承すると言えば、それで済んだ。本来なら談話を出す必要はなかった」と反論した。【佐野格】(以上(毎日新聞2015年08月14日22時46分(最終更新08月15日08時10分)より引用)
http://mainichi.jp/select/news/20150815k0000m010114000c.html

 総理時代から一貫して使えない国賊・村山富市が、安倍総理の戦後70年談話に言い掛かりを付けた。
 この売国ジジイは、南朝鮮の言いなりの談話を出せばそれで良いのだろう。それならば、村山富市が総理の時に、自衛隊、日米安保は違憲だとして廃止すれば良かったのだ。自分が総理時代には何もしないで、後からとやかくほざく元総理には辟易している。そんなに言うのならば、自分が総理時代にやっておけば良かっただけだ。
 マスコミも、国賊・村山富市を利用している点はあるが、国民の支持を失って総理を辞めたのだから、黙って余生を送っていれば良いのだ。(No.4545-2)

|

« 韓国は戦争さえもファンタジー | トップページ | 談話よりカネをよこせというコリア »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62087597

この記事へのトラックバック一覧です: 国賊が未だに生きている不幸:

« 韓国は戦争さえもファンタジー | トップページ | 談話よりカネをよこせというコリア »