« 問題は誰が責任取るかです | トップページ | 中国のために嘘でも書く朝日 »

中立を忘れ出てくる潘基文

日本、懸念伝える…国連総長の中国式典参加に
 日本政府は、国連の潘基文パンギムン事務総長が「抗日戦争勝利70年」の式典に出席することを強く批判している。
 政府高官は28日、「国連の中立性を損なう行動で、非常な違和感を覚える」と話した。
 日本の国連代表部は27日、国連事務局に対し、「いたずらに過去に焦点を当てる行事に対し、国連は中立的な姿勢で臨んでもらいたい」と懸念を伝えた。外務省幹部は潘氏の対応について、「天安門事件が起きた場所で軍事パレードを観覧するのであれば、判断に疑問符をつけざるを得ない。自由や人権といった国連の精神を体現しているのか、国際社会が非常に懸念するのではないか」と不快感を示す。
 潘氏は韓国出身。2013年8月の記者会見で、「正しい歴史(認識)が良き国家関係を維持する。日本の政治指導者には、深い省察と国際的な未来を見通す展望が必要だ」と発言し、日本政府から反発を招いたことがある。(以上(読売新聞2015年08月29日07時20分)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150828-OYT1T50111.html

 国連事務総長と言うよりも、次の南朝鮮大統領候補として行動しているとしか見えない潘基文が、国連の中立を破って、中国の抗日戦争勝利70年」の式典と軍事パレードに参加するそうだ。
 それに対して、日本政府は、チンパンジー潘基文を強く批判しているが、言葉だけでは足らないのだ。日本は、敵国条項が削除され、潘基文が辞任するまで国連分担金の支払いを支払わないことを明言するべきだ。安保理事国が拒否権を持っているのと同じで、世界第二の負担国である日本が分担金を支払わなければ、拒否権と同じことになるだろう。日本の分担金分は、世界に迷惑をかけている潘基文の母国である南朝鮮が代弁すれば良いことだ。そうすれば、南朝鮮にも先進国とは何ぞやというのが身に染みて分かるだろう。
 敵国条項が削除されないのならば、敵国条項に当時日本だった朝鮮半島も明記して貰うようにするべきだ。(No.4560-2)

|

« 問題は誰が責任取るかです | トップページ | 中国のために嘘でも書く朝日 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62178288

この記事へのトラックバック一覧です: 中立を忘れ出てくる潘基文:

« 問題は誰が責任取るかです | トップページ | 中国のために嘘でも書く朝日 »