« 日本ではロッテ無くても困らない | トップページ | メディアと韓国談話一つで大騒ぎ »

磯崎へ無能民主の言い掛かり

参院委で礒崎氏が陳謝 発言取り消し、辞任は否定
 参院平和安全法制特別委員会は3日午後、安全保障関連法案をめぐり「法的安定性は関係ない」と発言した礒崎陽輔首相補佐官を参考人として招致した。礒崎氏は「大きな誤解を与えてしまい、大変申し訳ない。発言を取り消し、関係者に心よりおわび申し上げる」と陳謝した。自らの進退については「委員会の審議に迷惑をかけないよう、首相補佐官としての職務に精励していく」と述べ、辞任の考えはないとした。首相補佐官の国会招致は初めて。
 礒崎氏は「今回の法制は、必要最小限度の武力行使しか認めないとの従来の政府見解での憲法解釈の基本的論理は変わっておらず、合憲性と法的安定性は確保されている」と述べた。そのうえで「安全保障環境の変化も議論しなければならないと述べる際に、『法的安定性は関係ない』との表現を使ってしまい、大きな誤解を与えてしまった」と謝罪した。
 質問に立った民主党の福山哲郎氏は「自らの判断で職を辞するべきだ」と辞任を求めた。
 菅義偉官房長官は3日の記者会見で、礒崎氏の発言に関し「誤解される発言は厳に慎むべきだ」と強調。参考人招致について「しっかり説明することが大事だ」と話した。
 礒崎氏は7月26日、大分市での講演で安保関連法案に関し「法的安定性は関係ない。わが国を守るために必要かどうかを気にしないといけない」と述べた。野党各党は、法の規定や解釈がみだりに変わらない法的安定性を軽視した発言だとして、礒崎氏の辞任を要求している。
 2日のNHK番組では、公明党の荒木清寛参院政審会長が「法的安定性は(法案の与党協議で)公明党が最も重視した。看過できない発言だ」と指摘した。(以上(産経ニュース2015.8.3 13:48)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/150803/plt1508030018-n1.html

 参院平和安全法制特別委員会で、「法的安定性」と発言した磯崎氏が参考人招致され、発言を撤回した上で辞任しないことを表明した。
 まともに、安保法制を議論しようとすると党内が分裂するだけの民主党としては、枝葉末節に拘って審議を引き延ばしたいというだけだろう。要するに、民主党には戦略が欠如しているというよりも、戦略を立てると党が持たないということだろう。それゆえに、口八丁手八丁の福島哲郎などを出して、足を引っ張ろうとするのだろう。
 民主三バカ政権にはどうしたかと言えば、問題発言をした輩を辞任させることなく、内閣改造で外した後に、無知無能の大臣の勉強時間と称して1ヶ月以上国会を開かなかったのだ。(No.4533-2)

|

« 日本ではロッテ無くても困らない | トップページ | メディアと韓国談話一つで大騒ぎ »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62011421

この記事へのトラックバック一覧です: 磯崎へ無能民主の言い掛かり:

« 日本ではロッテ無くても困らない | トップページ | メディアと韓国談話一つで大騒ぎ »