« 安保法案世界が求めている事実 | トップページ | 悠長にサッカーできるほどのこと »

高校で票を集める民主党

「教員に罰則」民主反対 提言、自民に対抗 18歳選挙権
 来夏の参院選で選挙権年齢が18歳以上まで引き下げられることに伴い、民主党は20日、高校生の投票に向けた意識を高める主権者教育をめぐって菅義偉官房長官に提言を出した。自民党もすでに安倍晋三首相に提出。自民が盛り込んだ教員への罰則の是非や政府が作成中の高校生向けの副教材などが焦点となっている。(以上(朝日新聞2015年8月21日05時00分)より引用)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11924594.html

 教員の政治活動が制限されているのに、労組の日教組になると好き放題政治活動をやっているという矛盾した組織に支持されている民主党が主権者教育での教員への罰則に反対するそうだ。
 要するに、次回の選挙から選挙権年齢が18歳以上になることで、民主党としては、日教組を使って、高校の授業で民主党への応援をさせたいということが見え見えだ。教員は政治活動が制限されているのだから、それを逸脱すれば罰則があるのは当然だ。悪いことを民主党が考えるから教員に罰則反対という行為になるのだ。
 政府は、是非とも教員の罰則規定を設けるとともに、刑罰は最低でも懲戒免職、最高は死刑とするべきだ。(No.4551)

|

« 安保法案世界が求めている事実 | トップページ | 悠長にサッカーできるほどのこと »

公務員」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62124937

この記事へのトラックバック一覧です: 高校で票を集める民主党:

« 安保法案世界が求めている事実 | トップページ | 悠長にサッカーできるほどのこと »