« 大臣の無能地方が苦労する | トップページ | 抗日に関係ないがしゃしゃり出る »

安保法案隣のことは関わらぬ

朝鮮半島有事に自衛隊派兵せず 首相「憲法上できない」
 安倍晋三首相は24日の参院予算委員会で、朝鮮半島有事を念頭に、日本が北朝鮮や韓国の領域内で集団的自衛権を行使して戦闘に参加することは憲法上できないとの見解を示した。「他国の領土内で行われていることへの自衛隊派遣は海外派兵に当たるからできない」と述べた。安全保障関連法案が成立しても、半島有事での自衛隊の活動は原則、公海上での後方支援や米艦防護などに限られるとの考えを重ねて示したものだ。
 政府は従来から「武力行使の目的で武装した部隊を他国の領土、領海、領空に派遣する海外派兵は、一般に自衛のための必要最小限度を超えるもので、憲法上許されない」としてきた。
 質疑で首相は、この見解は現在も維持されていると強調。「他国の領域で大規模な空爆や攻撃を行うことを目的に自衛隊を派遣するのは海外派兵で、武力行使の新3要件に反する」と述べ、北朝鮮や韓国の領域内での戦闘に参加することはできないと強調した。
 そのうえで、半島有事で集団的自衛権を行使する事例として、公海上で弾道ミサイルを警戒している米艦の防護を例示。「わが国のミサイル防衛の一翼を担う米艦への攻撃であれば、新3要件に該当する可能性がある」と述べた。
 また、首相は集団的自衛権行使の前提となる「密接な関係にある他国(への攻撃)」には韓国も含まれると指摘する一方で、「どの国であろうと、新3要件に当てはまるかを総合的に判断する」と述べた。
 朝鮮半島で軍事的緊張が高まっていることに関しては「現在の朝鮮半島や中国の動向を考えると安全保障環境はますます厳しさを増している。法制と外交の両面で対応するのが責任ある姿勢だ」と述べ、法整備の必要性を訴えた。(以上(産経ニュース2015.8.24 20:25)より引用)
http://www.sankei.com/politics/news/150824/plt1508240033-n1.html

 安倍総理が、参院予算委員会で、朝鮮半島有事が勃発した時に自衛隊派遣はないと断言した。
 朝鮮半島有事は、朝鮮人同士の内乱なのだから、日本が関わらないのは当然のことだし、南朝鮮を助けることなど以ての外だ。南朝鮮では、朝鮮戦争は日本が攻めてきたと学校で教えているのだから。しかし、安倍総理はもう一歩踏み込んで、南朝鮮は「密接な関係にある他国ではない」と明言して欲しかった。日米安保があって、米韓安保があっても、友達の友達に過ぎず、何一つとして安保関係の条約など南朝鮮とは存在しないのだ。
 それよりも、南朝鮮は未だに休戦地帯であり、日本人の渡航は禁止するべきだ。そうすれば、朝鮮半島有事の際に、邦人救出に米軍の手を借りる必要もなくなる。(No.4556-2)

|

« 大臣の無能地方が苦労する | トップページ | 抗日に関係ないがしゃしゃり出る »

危機管理」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/62153748

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案隣のことは関わらぬ:

« 大臣の無能地方が苦労する | トップページ | 抗日に関係ないがしゃしゃり出る »